ボディボードでマナー違反なスネーキングとは?

ボディボードのルールでやってはいけない行為にドロップインがありますが、さらにずる賢い行為があります。

それはスネーキングという行為です。

この行為もルール違反であり、マナー違反になるのでやってはいけません。

ここではスネーキングについて説明したいと思います。

1.ボディボードのスネーキングとは一体どんな行為なのか

ドロップインはボディボードとサーフィンに共通するルール違反であることは説明させていただきました。

ドロップインはテイクオフの優先権のある人の進行方向でテイクオフしてしまうこと、別名前乗りです。

スネーキングとは、簡単に言うと無理やりというか騙すようにしてテイクオフの優先権を奪い取る行為です。

波はピークからブレイクして左右にブレイクしていきます。

ポイントによっては左右どちらにもブレイクしていくので、優先権に二人の人がいるとどちらかが左方向に滑る人と右方向に滑ることで二人が同時に別方向に滑っていくことができます。

スネーキングは、左にテイクオフすると見せかけて右にテイクオフするような行為です。

右方向に進もうとしていた人は自分よりも奥にいる人が突然自分と同じ方向に進みはじめるので、あたかも自分がドロップインしたようになってしまいます。




このようなずる賢いスネーキングは絶対にやってはいけません。

危険なだけでなく、相手を不快な気分にさせてしまうので間違いなくトラブルの元になるでしょう。

2.楽しむためのマナー

あらゆるスポーツにルールがあるのは、危険を避けて皆でフェアに楽しむためにあります。

車を運転していて交通ルールを守らない人がいたらどうでしょうか。

あんなにスピードの出る乗り物に衝突されたらとても危険です。

海の上でも同じです。

ボディボードもサーフィンもスピードをつけて波に乗るスポーツです。

あのスピードでボードが体に衝突したらどうなるでしょうか。

間違いなく大怪我をするでしょう。

ボディボードをこれから覚える方は絶対に覚えておいてください、ドロップインやスネーキングは絶対にやってはいけません。

海に入る時は、どんなに楽しみたくても波に乗るために貪欲になりすぎてはいけません。

譲り合う心のゆとりをもって楽しみましょう。

波は誰のものでもないのですから、自分一つで欲張って乗ってしまうような行為は避けましょう。

そして人で混雑したところはトラブルや危険がいっぱいなので、そのようなポイントはあまり入らないようにするか、気を配りながら波乗りするようにしましょう。




おすすめの記事