飛び後ろ廻し蹴りのやり方とコツ | テコンドーが上達する練習方法

飛び後ろ廻し蹴りはテコンドーの花形ともいえる必殺技です。
ただでさえ回転の力による破壊力の高い後ろ廻し蹴りにジャンプのエネルギーが加わるのですからその破壊力は計り知れないものがあります。

派手で実用性も高い蹴り技界のスターでもある飛び後ろ廻し蹴りも練習を重ねれば必ず上達します。貴方もぜひ習得してみませんか。

1. 飛び後ろ廻し蹴りの基本的な蹴り方とポイント

飛び後ろ廻し蹴りの特徴は通常の後ろ廻し蹴りに跳躍によるエネルギーを乗せやすいため威力が凄まじく、ガードされても問答無用で吹っ飛ばせるほどの威力を秘めている事です。

テコンドーにおいてのKOシーンでも飛び後ろ廻し蹴りで逆転KO勝利という動画が次々にアップロードされるほどです。

今回は飛び後ろ廻し蹴りの練習方法と上達のためのコツを解説します

1. 膝のばねを使って両足で飛ぶ

飛び後ろ廻し蹴りを蹴る上で重要なポイントは「片足ではなく両足で飛ぶ」事です。

テコンドーのステップはバウンシングと言って両膝のばねを柔らかく使って跳ねるように行います。重心を上下させることで蹴りの初動を読まれにくく、ステップの中から一瞬で蹴りの動作を行えるからです。

この両足でしっかり地面を蹴って跳躍する方法として、地面にクッションなどを置いてその上を両足を入れ替えるように跳躍する練習方法があります。

まず地面にクッションを置き、どちらかの足を前に出した状態で構えます。この時バウンシングを忘れず膝のばねを意識しましょう。

次に、両足で地面を蹴って跳躍し足を入れ替えて着地します。この時クッションを踏んだり、目線を下に下げてはいけません。目線は正面を向けたまま足だけを入れ替えるのがコツです。足を入れ替える動作が行えたのなら後はそれを背中側に回転する様に行えば飛び後ろ廻し蹴りの7割はできたも同然です。




2. 飛び後ろ廻し蹴りの実戦運用

さて、上記では飛び後ろ廻し蹴りの基本と上達のコツについて説明しましたが、今度は実際に試合で使うためのポイントについて説明します。

テコンドーにおいて飛び後ろ廻し蹴りは自分から攻めずにカウンターとして使うのが基本です。タイミングを見計らって一瞬で蹴りましょう。

1.蹴り足を入れ替えてガードの隙間から刺す。

飛び後ろ廻し蹴りの基本はカウンターです。

この蹴り方は相手が前に出てきた、相手を誘い込んで一撃で仕留めるために有効なテクニックです。

相手をカウンターの間合いに引き付けるコツは「リラックスする事」と「直線攻撃をしてからわざと止まる事」です。

がちがちに緊張していては初動がバレますし、何より技が出しにくいです。リラックスして相手を攻撃間合いに誘い込みましょう。

もう一つの心理的なテクニックとして直線攻撃であるパンチや前蹴りを出した後、すぐに引いて一瞬だけ止まる技術があります。

わざと止まると相手は攻撃をしたくなってしまいますのである種の誘いになります。当たるタイミングと距離がわかったら素早く跳躍してカウンターを決めましょう。

相手が動いたと感づいた瞬間には蹴り足を入れ替えている状態が理想です。後は後ろに回りながら蹴り足を放り投げるイメージで蹴り込みましょう。慣れるまでに時間がかかりますが覚えてしまえばKO率の高い必殺技になりえます。

以上がテコンドーにおける飛び後ろ廻し蹴りの練習方法と上達のコツ、試合で実際に使うためのポイントです。相手の間合いに誘い込んでこそ効力を発揮する技なのでリラックスが非常に大切になります。
ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事