フラダンスのステップ「カホロ」の踊り方

フラダンスを踊るためには、まずステップを覚えることが必要です。

ここでは「カホロ」の踊り方を説明します。

「カホロ」は左右に2歩ずつ移動するステップです。

フラダンスの振付の中で最もよく使われるステップですので、これをしっかりマスターすることはとても大切です。

1.基本姿勢

まずはフラダンスの基本姿勢「クウポジション」です。

足を肩幅に開き、背筋をまっすぐ伸ばして立ち腰に手をあて、そのままの状態で膝を曲げます。

このとき、お尻をつき出したり前かがみにならないように気をつけます。

2.カホロの踊り方

(○付数字はカウント数を表します)

クウポジションから、左足に体重を乗せて腰を左に振ります。

①右足を肩幅より少し広めに1歩右に踏みます。(クウポジションの状態で足は肩幅に開いているので、左足を基準にしての1歩です)体重を右足に移動し、腰を右にゆっくり振ります。

②左足を右足の横に踏みます。(足の間を少しあけるようにします)体重を左に乗せ、腰を左にゆっくり振ります。

③右足をさらに同じ幅分1歩右に踏みます。体重は右足に、腰は右に。

④左足を右足に添えます。体重は右足に乗せたままです。

ここまでが右カホロ。

続けて左カホロを踏む時は、④で添えた左足を左に踏みます。

3.注意すること

カホロを美しく踏むためには、体重の移動と腰の動きがポイントです。

横に踏んだ足に体重を乗せて腰を振るのですが、これを同時にするとカクカクした動きになってしまいます。

腰は、体重を乗せた後でゆっくりと振ります。

「イチ・ニ・サン・シ」ではなく「イィィチ・ニィィ・サァァン・シィィ」という感じでカウントをとるイメージですね。

腰は真横に振ります。斜め前や後ろに揺れないように気をつけましょう。




体重が足に乗った時に膝が伸びてしまう人をよく見かけますが、これだと頭の高さが上がったり下がったりしてしまいます。

膝を曲げた状態で体重が乗るのでキープするのは辛いかもしれませんが、ここは我慢して頭の高さを一定に保ちましょう。

どうしても辛い時は、クウポジションを浅くとって(膝の曲げ方を浅くする)膝の負担を軽くするようにしてみましょう。

今の自分の身体の限界をきちんと把握して、無理のない範囲で練習しましょう。

上達するにつれて、ちょっとずつ限界の先へ進んでいけるといいですね。

また、右カホロの幅と左カホロの幅が違っていると、踊っているうちに立ち位置がどんどん横にずれていってしまいます。

横に踏む時の歩幅を、右と左が同じになるように気をつけて練習してください。

4.カホロの形

フラダンスには色々な形があります。ステップの呼び方や形など、フラダンスが伝承されてきた過程で違いが生まれたり、ハワイの各島によって変わったりします。

カホロという呼び名はどこへ行ってもカホロなのですが、「踏み方」に二つの形があります。

足を横に踏む時、先に足先の方(土踏まずより先)で踏んでから、足の裏全体を床につける形と、初めから足の裏全体で踏む形の二つです。

他に、④カウント目の足を、床につま先だけチョンとつける形と、ぺたっと全部つける形もあります。

習っているハラウ(フラダンス教室)によって違いますので、確認してください。

5.まとめ


カホロは振付の中で最もよく使われるステップです。

初級者向けの曲にはステップが全部カホロというものもあります。

シンプルですぐに覚えられるステップですが、その分慣れてくると基本を忘れがちになってしまいます。

足⇒体重⇒腰。頭の高さを一定に保つなど、常に基本を忘れずに練習を積むことが上達への道です。




おすすめの記事