フットサル上達のためのフィジカルトレーニング

フットサルの色々なプレイを素早く正確に行うためにはフィジカルの向上はかかせません。

基盤となる身体が出来上がってくれば、上達する速度も加速されることでしょう。

1.アジリティに重点を置く

フィジカルトレーニングと言って筋トレをイメージされる方が多いですが、フットサルでは必要ないと言えます。

足腰や前進の筋肉はプレイしていくうちに自然についた分だけで大丈夫です。

身体をぶつけ合ってボールを奪うというような場面はフットサルではありませんので、上半身の筋肉もそれほど必要ありません。

それよりもアジリティを高めるサーキット練習やインナーマッスルを鍛えて体幹を強くするのが大切です。

アジリティはフィジカルの中でも最もフットサルに必要な要素で、すべての動きの土台となります。

サーキットで鍛える他、十分なストレッチにより身体を柔らかくすることでも向上させることが可能です。

逆に不必要な筋肉は重荷にしかなりませんし、下半身への負担が増えるのでおすすめしません。

2.体幹を鍛えて倒れない身体を手に入れるく

練習では鍛えにくい体幹は、倒れない身体バランスのためにとても重要です。




フットサルではすべてのプレイにタイミング外しがある騙し合いのスポーツですから、それについて行くためには粘り強く倒れない身体が必要です。

フィジカルの強さとはイコール体幹の強さとまで言えるくらいです。

また高度な足技やフェイントを行う際に騙す相手より先にバランスを崩すようでは、今後さらにいくつものテクニックを習得していくのが不安になるでしょう。

最も簡単な体幹トレーニングをひとつご紹介します。

まず四つん這いにになり片足を伸ばして上げます。

そこから上げた足の反対の腕を同じように伸ばして上げます。

残った腕と足で対角線ができあがりますね。

これで2分から3分倒れないようになりましょう。

最初は数秒でバランスを崩すかと思いますが、崩れたらもう一度始めからです。

何分でも大丈夫になったら、今度は上げた腕と足を地面に付かないように曲げヒジとヒザを接触させます。

接触後また伸ばす→数分耐える→また曲げて接触という流れを数セット、出来れば毎日行いましょう。

数週間続けるとかなりインナーマッスルが鍛えられ、バランスをとる力が向上するでしょう。

各種練習と平行して体幹トレーニングを行っていけば、色々なプレイを上達しやすい優れたフィジカルを手に入れることが出来るでしょう。




おすすめの記事