押し蹴りのやり方とコツ | テコンドーが上達する練習方法

押し蹴りは前蹴りと横蹴りの中間の軌道で足の裏全体で相手を押し飛ばすような強烈な蹴り技です。テコンドーにおいて間合いを広く取りたい時に多用されます。

間合いを操作する押し蹴りも練習を重ねれば必ず上達します。貴方もぜひ習得してみませんか。

1. 押し蹴りの基本的な蹴り方とポイント

押し蹴りの特徴はリーチの長い横蹴りとコンパクトな前蹴りのいいところどりのような蹴り技で、隙が少なく連射も利くという恐るべき性能の蹴りです。

今回は押し蹴りの練習方法と上達のコツを解説します。

1. ダメージを与えるのではなく足を置く

押し蹴りは相手を押し飛ばしたり動きを止める為に有効な蹴り技ですので、確実に当てる精度とバランスが要求されます。

押し蹴りを上手く蹴るコツは「足を置いてから体重をかけていく」ことです。

最初から思い切り蹴るのではなく、まずは相手に足を置いてから蹴り込む事が重要になります。

相手を押し飛ばして距離を取るのが目的なのでいかに正確に当てるかが押し蹴りのカギを握っています。

思い切り蹴るのは当たってからです。まずは足の裏全体で相手を止める、抑えるくらいの気持ちで蹴りましょう。

2. 押し蹴りの実戦運用

さて、上記では押し蹴りの基本と上達のコツについて説明しましたが、今度は実際に試合で使うためのポイントについて説明します。




押し蹴りを使うタイミングは相手と距離を取りたい時や場外に押し出したい時です。
では、解説していきます。

1.相手の攻撃に合わせて前足で距離を取る

前足での押し蹴りは相手の攻撃を止めて崩すストッピングとしての役割が大きく、実用性に富んだ技です。

コツは相手が来そうだと感知したタイミングで足を置くイメージ。更に言えば相手のお腹を踏みに行くイメージです。

例えば相手が突進型のファイターの場合、真っすぐ系統の技を力いっぱい蹴り込んでも押し返されて自分が崩されるでしょう。捌かれてカウンターを取られるリスクもあります。

ですが小さなモーションで圧力をかけることのできる押し蹴りなら相手の勢いが乗る前に標的を捉えられるので非常に使い勝手がよくなります。

相手の攻撃タイミングに合わせて押し蹴りをカウンターで合わせることで相手の攻撃を止めてしまいましょう。

また、場外へ押し出したい時も自分が崩れる恐れのある前蹴りや横蹴りよりもバランスをとりやすい押し蹴りのほうが使いやすいです。

距離を選ばず蹴ることができるためスムーズに押し出して試合を有利に運べるでしょう。

以上がテコンドーにおける押し蹴りの練習方法と上達のコツ、試合で実際に使うためのポイントです。相手の攻撃を止めたり、間合いを確保したい場合に前蹴りよりも使いやすいので覚えて損はありません。
ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事