ドルフィンターンのやり方とコツ | スキーの滑り方

スキーの滑り方として、基本的には斜面を蛇行しながら滑るという「横の動き」が中心となります。

しかし、コブのある斜面などでほぼ真っ直ぐに滑走しているスキーヤーを見かけたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

ターンの際にスキーを横に滑らせる動きとは異なる動きもあります。

スキーの先端と後端を上下して小さくジャンプするようにターンを行うのがドルフィンターンという技術です。

ドルフィンターンを使いこなす方法と、その上達のための練習について解説します。

1.ドルフィンターンの動きのポイント

ドルフィンターンの動きは、ちょうどスキーの先端と後端が上下することによって、ジャンプするように動かす滑り方です。

通常のスキーのターンとどのように異なるのかというと、通常ターンは膝の屈曲によって体重移動を行い、雪面を踏み込むようにします。

一方でドルフィンターンは、まずスキーの先端を浮かせるようにジャンプします。

トップが着地した瞬間に今度はテールを浮かせるというやり方によってターンを行います。

ほんの僅かな時間ですが、滞空時間があることと、その間にターンに必要な動作がほぼ終わっているというのが大きな特徴であるといえるでしょう。

足が常に接地している通常のターンに比べて、難易度は高めの技術です。
また、それに伴って足にかかる疲労の度合いも高めとなっているため、慣れないスキーヤーが練習を行う際には注意が必要といえるでしょう。




動きのポイントとしては、やはりスキーのトップとテールの動きに気を配ることです。

スキー板を浮かせるという経験が乏しい方にとっては、どうしても恐怖心が先立ってしまいます。

まずは整地で板を浮かせるトレーニングだけを繰り返すというのも効果的な練習方法の一つと言うことができるでしょう。

2.上達のための練習方法

ドルフィンターンを上達させるための練習方法としては、上にも述べたとおりまずスキーが浮くという感覚に慣れることです。

練習法として、まずあまりスピードが出ない緩やかな斜面で、凹凸を利用してトップを浮かせる練習をしてみましょう。

トップを上手に浮かせられるようになったら、次はトップが着地したあとにテールを再度浮かせられるようにすることです。

同じく緩やかな傾斜と凹凸を利用して練習を行うのがよいでしょう。

これらが問題なくできるようになったら、次はいよいよ本格的なコブやウェーブ斜面を利用しての練習へ移行します。

3.練習における注意点

これまでスキーを浮かせるということがなかったスキーヤ ーにとっては、板を浮かせるということそのものがそれなりの恐怖を伴います。

緊張した状態での滑走は体の柔軟性を損なうため、転倒などの危険もそれに比例して高まっていきます。

まずは整地や人の少ないコースでしっかりと練習をするのがよいでしょう。

自信をもってドルフィンターンができる状態になってから、本格的なコースでの練習に臨むのがよいでしょう。




おすすめの記事