スキーでジャンプができるようになる練習法

スキーは雪面を滑走することがほとんどの時間となるスポーツです。

しかしスキーの中でもとりわけ派手で見栄えのする技術としては、ジャンプという技術があります。

初心者からすると、スキーでジャンプをするということになると、そのための技術を習得することが必要になります。

またそれ以上に、ジャンプをするにあたっての恐怖を克服することが重要となります。

スキーでジャンプをするにあたっての技術や恐怖心の克服のためにはどのような練習が必要なのでしょうか。

スキーのジャンプについてを解説します。

1.スキーのジャンプとは

オリンピックなどのテレビ中継を見たことがある方は、あのような巨大なジャンプ台を想像することがあるかもしれません。

当然あれは競技の中でもプロ中のプロが行う競技ですし、実際のゲレンデにあのようなジャンプ台があることは稀です。

実際のところは、ゲレンデに設けた小さなジャンプ台から練習を始めます。

そして、ジャンプの技術が上達してきたら少し大きなジャンプ台でジャンプを行う、という流れになるでしょう。

重要となるのは、滞空時間の間の身体の安定性と、ジャンプに望む際の踏切り、そして恐怖心の克服といった要素です。

2.ジャンプの練習方法

まず、ここでのジャンプは滞空時間が数秒程度の小規模なジャンプを想定します。




ゲレンデに設けた小さなジャンプ台でジャンプをする際です。

このようなジャンプ台の場合、大きく飛ぶというよりも、ジャンプ台を乗り越えるときに小さく飛ぶことを意識します。

それだけで、スピードがついているスキーであれば十分にジャンプができるからです。

アプローチとしては、前傾状態を保ったままアンプ台へ近づきます。

この際膝を若干深めに屈曲しておくとよいでしょう。

そして、足の真下がジャンプ台の端を乗り越える瞬間に足を伸ばします。

このとき、恐怖で後傾姿勢になると、ジャンプではなく背中から転ぶようなかっこうになるので注意します。

あくまで前傾をキープです。着地する際には、膝のクッションを使ってやや深めに着地することで、衝撃を和らげるのがよいでしょう。

3.ジャンプ練習の注意点

ジャンプ技術をかなり上達させた人でも、やはりジャンプの瞬間には恐怖を感じるのが一般的です。

ですから、かえって自信を持ちすぎて大きくジャンプするよりも、恐怖を持ちながらも必要な動きを展開していくという姿勢でジャンプに臨むのがよいでしょう。

着地した際に転倒することが多いですが、前のめりに転ぶと故障などの危険が高まります。

着地した瞬間に転倒しそうだと思ったら、前ではなく横に転倒するように心がけることで、故障などを避けつつジャンプをするのが上達のための鍵となるでしょう。




おすすめの記事