フットサルの色々なテクニック〜スプーンキック・吸い付きトラップ〜

更に高度で実用度の高いフットサルのテクニックをご紹介します。

練習で感覚を磨いておかないと上達しにくいテクニックですが、高度なフェイントよりも活用の幅が広いので様々な場面で役に立つことでしょう。

1.スプーンキック

スプーンですくうようにボールを高く上げるテクニックです。

フットサルではよくありますが、ディフェンスによってパスコースが消されてしまい出しどころが困ったときに使えるキックです。

キックとはいいますが蹴るのではなく、しっかり足首を固定しつま先にボールを乗せるようにして跳ね上げるテクニックです。

助走やテイクバックが必要なく、上達すればキックに負けないくらいの飛距離を出せますし、高度も相当なものになります。

必要なのは強靭な足の筋肉と強いバネで、足首の力も高くないといけません。

しかし目の前2mくらいの距離にディフェンスがいても軽く超えられるので、そのままループシュートにしてもいいですしゴール前の味方へのラストパスにしても面白いと思います。

この足先に乗せる感覚は後述の吸い付きトラップでの感覚とほぼ同じで、乗せながら押し出す感覚になると無回転シュートのマスターに役立ちます。




2.吸い付きトラップ

まるで足に吸い付いたかのように見えるトラップです。

フットサルではコートが狭いためディフェンスとの距離がかなり近いです。

そのためトラップが数10cm離れただけで簡単にカットされたりします。

このようなスキを作らないのが吸い付きトラップです。

グランウンダーのパスには使えませんが、浮いているパスであればどのようなものにでも活用出来ます。

飛んできたボールをつま先で受け止めるようにタッチしボールのスピードに合わせて足を引き込みます。

このときボールと同速度で引かないとうまく成功しませんが、成功するとボールの速度は0になりピタッと足元に収まります。

同速度で引きますが徐々にスピードを殺すために速度を吸収しないといけませんから、若干抵抗を残すようにします。

言葉で表現すると複雑になってしまいますが、それだけ足先の感覚に頼ったテクニックですので、相当の反復練習が必要になってきますし、非常に柔らかなタッチが求められます。

この吸い付きトラップを上達しておけば、どれだけ間合いを詰められていても足元にボールを納められますから、すぐさまパスやドリブルで仕掛けられるようになり、試合でボールロストすることはなくなるでしょう。




おすすめの記事