千葉で抑えておきたいサーフポイントまとめ

千葉といえばサーフィンのメッカとも言われ、良い波がたつサーフポイントとして有名なエリアです。

又、最近ではオリンピックで史上初となるサーフィンの競技が開催されることが決まったことでも有名です。

東京の都心から短時間でいくことができ、特に九十九里浜はサーフィンをしない方でも聞いたことがあるサーフポイントではないでしょうか。

九十九里浜に限らず千葉には数多くのサーフポイントがありますので、特に千葉で抑えておきたいサーフポイントをまとめてみました。

1.九十九里浜エリアでのサーフポイント

九十九里浜エリア内だけでも、東は銚子市から西は一宮町まで、長距離に渡りサーフポイントが点在します。

ちょうど中間地点に位置する成東(本須加)ポイントでは、九十九里浜で一番とも言えるロケーションで、広大なビーチが続きます。

さえぎるものがないため、比較的風の影響を受けやすいですが、ショートボード、ロングボード、ボディーボードまで幅広くのサーフィンが可能です。

西の端にある一宮ポイントは九十九里の中でも1、2位を争う人気ポイントです。

何故かというと、波にパワーがありかなりのスピード感が味わえるからです。

このあたりでは多くの有名サーファーを生み出したサーフポイントであり、東浪見ポイントといった中・上級者向きのポイントも中にはあるので、注意が必要です。




2.台風、低気圧には要注意

千葉は太平洋の外洋に面しているので、湾内となる湘南と異なり、外洋のうねりが入りやすい地形環境となっています。

そのため、コンスタントにサーフィンが可能であるという反面、台風や低気圧が近づくと多くのサーフポイントがクローズアウトになってしまいます。

台風・低気圧が通過後も数日間はクローズアウトの状況が続いてしまうという点は注意が必要です。

そんな時は千葉の南の方をチェックしてみましょう。

平砂浦ポイントでは、他のポイントが全てクローズアウトの状態でも、サーフィンが出来る可能性が高いと言われています。

また水が非常に綺麗という点も人気の理由ですので、まずは一度、千葉の数多くあるサーフポイントをトリップしてみるのがいいでしょう。

オリンピックが開催されることも決まりましたので、ぜひ一度下見を兼ねてタイミングがあえばサーフィンを楽しんでみて下さい。

また、サーフポイントではありませんが、上総国一宮 玉前神社というところでは、波乗守といって、波乗りのお守りがあるそうです。

かなり珍しいもので、サーフィンの波、そして人生の荒波にも耐え、開運の波に乗れるようにというお守りがあるので、そちらの方にも寄ってみてはいかがでしょうか。




おすすめの記事