上段両受けのやり方とコツ | テコンドーが上達する練習方法

上段両受けは両手をクロスさせて相手の突きを弾く防御方法です。

テコンドーでもかかと落としを防ぐときのディフェンスとして取り入れている道場もあります。

今回は上段両受けの基本練習、実戦での意味を理解した上達方法を述べていきます。

1. 上段両受けの基本練習

上段両受けはテコンドーにおいて両手をクロスさせて相手の突きを弾く受け技です。

縦の攻撃を柔らかく受ける場面においても有効です。

ここでは両手をクロスさせて相手の突きを弾くの基本練習と上達のコツについて解説します。

1.二刀流の受けをイメージする

上段両受けは両手をクロスさせて相手の突きを捌くための防御です。勢いのついた攻撃を叩き落とすには瞬間的に力を入れる体の使い方が不可欠です。

上段両受けはをうまく決める練習、コツは非常に簡単です。しかし、これができるかできないかでは受けの精度やキレを左右するほど重要な要素です。

それは「二本の刀で上から振り下ろされる刀を受け止めるように力を抜いて柔らかく受け止める」ことです。

最初からがちがちに力を入れて構えていては腕や肘を衝撃で痛めますし、100の衝撃をダイレクトに受け止めることになります。

それを避けるためのヒントは刀をイメージすることです。刀は力ではなく受ける瞬間までは柔らかく保っておいて受け止める瞬間だけ、前腕を絞って力をこめて受け止めます。

二刀流をイメージして瞬間的な力の使い方や体の使い方もわかりやすくなり、上達も速くなります。




2. 上段両受けの実戦運用

さて、上記では上段両受けの基本練習について説明しましたが、今度は実際の意味を考えた上達のコツについてのポイントについて説明します。

テコンドーは武道でもありますので型の動作はすべてルールのない実戦に通じています。つまりテコンドーの基本動作は実戦に基づいた意味があるのです。そこを理解すると上達が一気に早まります。

1.受け止めたら即座に横に流して反撃する

上記では上段両受けの基本練習と上達のコツについて述べましたが、型にも実戦にも通じる最大の秘訣について説明します。

上段両受けは縦の攻撃に対する防御でしたが実戦では受け止めたらすぐに横に受け流して崩してから攻撃を仕掛けていきます。

上段両受けは一度攻撃を受け止めた時に中段ががら空きになってしまうので、そのままだと相手の飛び蹴りなど反撃をくらうリスクが非常に高いです。

かかと落としなどの縦攻撃を受けたなら即座に横方向に叩き下ろすつもりで流しましょう。

ポイントは足さばきです。力で受け流すのではなく足を引きながら横に回る体制を作り、蹴り足をサイドに受け流したら一気呵成に攻める準備を済ませている事です。

組手の中で何度も繰り返し磨いていきましょう。

以上がテコンドーにおける上段両受けの練習方法と上達のコツです。二刀流を意識して柔らかく前腕を使って受け流す動作を繰り返し練習しましょう。受けもまた攻撃であることを忘れてはなりません。ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事