ショートボードのドライブターンのやり方とコツ | 趣味のサーフィン

ドライブとは、サーフボードのレールに体重をかけたり抜いたりすることで、スピードを加速させていくテクニックです。

原理的には反発力を利用した加速方法で、サーフボードを沈めることによってその反発力を利用して加速する方法です。

サーフボード全体を沈めようとしても、逆に抵抗が大きくなり失速してしまうので、注意が必要です。

またドライブターンで重要なのは、サーフボードのフィンやテールのレールの使い方です。

ここでは、ショートボードのドライブターンのやり方とコツについてご紹介致します。

1.ドライブによる加速を感じる

レギュラースタンスでの場合、まず左足に加重してサーフボードを滑らせます。

次に左足のつま先に加重してサーフボードセンター付近のレールを沈めます。

徐々に右足つま先の方に重心を移し、上半身を右側へ捻ると、ドライブにより加速します。

加速する感覚は、何度も何度もトレーニングすることで感覚を磨いていきましょう。

2.ボードの特性によるドライブ性

まず、サーフボードに浮力がないとドライブ性は低くなります。

浮力のないサーフボードから、浮力のあるサーフボードに変えてみると、違いが分かり易いと思います。




また、サーフボードのテール形状、フィンの種類によってもターン性能やドライブ感は大きく変わります。

テールデザインは様々ありますが、テール付近の幅が広いか狭いかによって性能が変わります。

幅が広ければ小さな波でもパワーを拾ってスピードのあるターンが可能となります。

また、幅が狭ければ大きな波でもスムーズにターンが出来る等、サーフボードの特性を知った上で、ボード選びをしましょう。

自分の上達を確かめるためにも、特性の異なるサーフボードを様々に乗り比べてみるのも
面白いかもしれません。

身近に一緒にサーフィンをする友達がいれば、サーフボードを交換してサーフィンをしてみて、いつもと違う感覚を楽しみつつサーフボードの違いを感じ取ってみましょう。

最後にドライブターンについて、肝心なことは体重のかけ具合やタイミングです。

サーフィン中に何度も何度もトレーニングするうちに、少しずつコツを掴み、感覚が解りかけてくれば、そこからの上達はぐんぐん伸びるはずです。

ドライブターンが上手になれば、サーフィン中のボードスピードもあがり、次のテクニックに繋げることができます。

少し難しいテクニックとはなりますが、諦めずにしっかりと練習しましょう!




おすすめの記事