V字のフットワーク | バドミントンの基本

バドミントンにおいてフットワークは重要です。初心者でも上級者でもフットワークの速度の差が実力の差に表れることは共通しています。

まずはV字で動く練習をしてフットワークを鍛えると良いです。ここではコート前方2か所を1セット、後方2か所を1セットとして、V字に動くフットワークの練習について説明していきます。

1.コート前方のフットワーク練習

コート前方でのフットワーク練習について説明します。まずはラケットを持たずに、足運びだけを重点的に練習します。

準備としてシャトルとカラーコーン(パイロン)を用意します。カラーコーンがなければパイプ椅子などでも代用できます。

初めにカラーコーンをセンターラインとショートサービスラインの交差点に置きます。次にシャトルをフォアサイドのシングルス用サイドライン付近に設置します。

この時シャトルは羽を床に着けて、コックを上向きにして立たせてください。これで準備は完了です。

選手はネットに対してカラーコーンの後ろ側に立ちます。スタートの際は利き手の小指付け根付近でパイロンの先端に触ってから、フォアサイドにあるシャトルを拾いに動き出します。

シャトルを拾ったら、スタート位置へと戻ります。シャトルを持った状態で今度はバック前へと移動します。バック前に行く際も、スタート時同様カラーコーンの先端へ触れるようにします。バック前へ移動したら手に持っていたシャトルを置きます。




シャトルを置いたら、スタート位置へ戻ります。これで1セットです。

この動作を素早くできるように繰り返し練習していきます。フォアサイドからバックサイドへ動くのと、バックサイドからフォアサイドへ移動するなどバリエーションを増やして練習するとより効果的です。

2.後方のフットワーク練習

後方のフットワークの練習はノック形式で行います。

選手はラケットを持たずに、ホームポジションへ立ちます。前方のフットワーク練習と同じように、カラーコーンを設置します。ノッカーはフォア奥、バック奥へシャトルを出します。

選手は打ち出されたシャトルを、利き手と逆の手でキャッチします。

この利き手と逆の手でシャトルを掴むというのはシャトルと自身との距離感を得る訓練にもなります。

キャッチした後、選手はホームポジションへ戻ります。戻ったのを確認してから、次のシャトルを出してください。ホームポジションへ戻る前に次のシャトルを出すと、選手が横移動することになり、V字のフットワークの練習となりませんので注意が必要です。

バドミントンのフットワークは、他のスポーツにはあまり見られない後ろ向きに動くのが特徴的です。普段の生活の中でも後ろ向きに歩くことがないので、最初のうちは難しく感じますが繰り返し練習することにより慣れていきます。

コートの中で動けるようになればラリーが長く続くようになり、さらにバドミントンというスポーツを楽しめるようになります。




おすすめの記事