フォアのプッシュの打ち方 | バドミントンのサイド/アンダー系ショット

バドミントンのプッシュショットとはネット前へ上がってきたチャンスショットに対して下向きに打つショットです。テニスで言うとボレーのようなショットです。

ショットのスピードよりも角度が重要になってきます。またルール違反の「タッチザネット」になりやすいのでスイングにも注意が必要です。

今回はフォアサイドでのプッシュについて説明します。

1.フォア側でのプッシュの打ち方

バドミントンのプッシュショットは「プッシュ」の文字通り相手のコートへ押し込むイメージで打ちます。

ネット際に甘い球が上がってきたら素早く前進しましょう。高い位置でシャトルをとらえることができれば、それだけ鋭角なショットが打ちこめます。

テークバックは小さくとりましょう。なるべく顔の近くでシャトルをとらえるようにします。相手の利き腕が自分と同じ場合は、ストレートに打てばそのまま相手のバックサイドに打ち込めます。

プッシュを打つときの打点はドライブよりも前(ネット寄り)になります。

ダブルスではドライブの応酬になった際に前進してネット方向に詰め寄っていきプッシュで、決められるとよいです。そのときは前進する勢いも合わせて打ちこむようにしましょう。




フォアプッシュで狙いたいコースは、相手コートのネット際ショートサービスライン付近か相手のボディーです。特にボディーを狙う場合は相手の利き腕と反対の脇の下辺りを狙うとうまくいきます。

ダブルスの場合は、相手ペアの間を狙って打つのも効果的です。

2.フォアサイドでのワイパーショットの打ち方

プッシュショットの1種類として、ワイパーショットと呼ばれる打ち方があります。ワイパーショットとはネット前で車のワイパーの動きのように、左右へラケットを移動させて打つショットです。

特にダブルスでネット際での応酬になった場合、ネットを越えてシャトルを打つ「オーバーザネット」のフォルトを犯しやすくなります。そのためにこのワイパーショットでラケット面をネットと平行に動かすことによりフォルトを避けられます。

ラケットヘッドを立てた状態でネットへ近づき、利き足を1歩踏み出してテークバックをとります。

ラケットを利き腕側から反対側へと動かします。インパクトの位置は踏み出した足の真上辺りです。

この打ち方であればオーバーザネットのフォルトになりません。打ったあとにラケットがネットを越えるのはフォルトにはなりません。

打ちこんだときに前へと身体が倒れてしまい、「タッチザネット」のフォルトにならないように踵から利き足をしっかりと踏込みましょう。




おすすめの記事