オーバヘッドのインパクト | バドミントンのストローク

バドミントンでインパクトというのはラケット面とシャトルのコックが接触する瞬間のことです。

このインパクトの瞬間はほんの一瞬です。このときにより多くの力を入れられるかが重要になってきます。

今回は、オーバヘッドストロークにおけるインパクトについて説明していきます。

1.オーバヘッドストロークにおけるインパクト時のコツ

バドミントンでインパクト時にシャトルへ力を加える方法は主に2つあります。

1つめは手首のスナップです。手首を外側から内側へ戻す動きがシャトルに力を加える1つの要素になります。

2つめはラケットのグリップの握り込みです。バドミントンのコート内でラケットを持っているときは中指と薬指で持ちあとの3本の指は添えるだけです。

このインパクトの瞬間に添えてある3本の指に力を入れて、握力を加えることによってラケットに動力が伝わります。そして接触するシャトルに対して運動エネルギーをのせることが出来ます。

2.オーバヘッドストロークでシャトルがうまく飛ばない原因

オーバヘッドストロークでシャトルがうまく飛ばなかったり、シャトルにラケットがうまく当たらなかったりする場合はいくつかの原因が考えられます。




まずはインパクト時の打点が適正でない場合が多いです。例えば体の斜め横でシャトルをうとうとしている場合です。またはインパクト位置が前過ぎたり後ろ過ぎたりする等が考えられます。

この場合は動きながらのノック練習ではなく、フォワードスイングで正しい打点を覚えるために、テークバックをとってからシャトルを投げてもらう練習をしたほうがいいです。

次に多い原因がラケットのガット面が正面を向いていない場合です。これはフレームに当たるショットが多かったり、打ち返したシャトルの軌道がまっすぐ飛ばなかったりすることによって発覚することが多いです。

こういう場合は、ノック練習でも手首のスナップを利用して打つ練習を行うと良いです。腕を体の横に伸ばして、床と平行になるようにします。ネット際に立ちネットの反対側からシャトルを投げてもらうのがよいです。

打ったシャトルが自分と反対側のショートサービスラインを少し越えたあたりに落下するようになるまで練習します。

この練習を行う際は手首の動きもそうですが打点も意識する必要があります。このノック練習の次に真横に伸ばしていた腕の肩を耳につけるようにして構えて打つようにします。

この構えでしっかりと打てるようになれば、正しい位置でインパクトができるようになっているはずです。




おすすめの記事