ジャンピングスマッシュの打ち方 | バドミントンのオーバヘッド系

バドミントンのジャンピングスマッシュとは、文字通りジャンプして打つスマッシュになります。見た目が派手ですし、うまくタイミングが合えば一発で得点もできるショットです。

しかし、難易度は高めです。今回はバドミントンのジャンピングスマッシュについて説明していきます。

1.ジャンピングスマッシュの打ち方

ジャンピングスマッシュの打ち方は基本的には「スマッシュの打ち方」で説明している内容と大差はありません。

ジャンピングスマッシュの場合より高い打点で鋭角的なショットが打てるというのがメリットのひとつです。

またダイナミックなフォームでスイングし相手を圧倒し、動きを止める効果も期待できます。

スピードをより乗せるためにはジャンプしたら空中で身体を弓のようなイメージで反ります。この身体の反りも活かしてラケットを振り切ると速度はあがります。

ジャンピングスマッシュを打つならば、背筋をしっかりと鍛えておきます。空中で姿勢が乱れたり、着地時に体勢が崩れたりするようならトレーニング不足です。

ジャンピングスマッシュは筋肉と膝への負担が大きくなります。多用は禁物です。

2.ジャンピングスマッシュの応用・練習法

ジャンピングスマッシュの姿勢からドロップショットやカット、ドリブンクリアが打てるようになると攻撃の幅が広がります。




例えば相手の構えをよく見て、スマッシュレシーブの体勢を取っているのであればカットショットを打ち、ネット手前へ落とすと相手の姿勢を崩せるかもしれません。

またはドリブンクリアを打てば相手の頭上を通り越すこともできることがあります。

ジャンピングスマッシュの練習方法はスマッシュの練習と合わせて行えます。状況に応じてジャンピングスマッシュも打てるようになりましょう。

スマッシュの練習方法として天井から吊り下げた目標物をラケットで打つ練習があります。ヒモの先に使い古したシャトルなどを括り付け、天井から吊るします。

使い古したシャトルの代わりに、使い古した大きめのタオルやシーツなどでも代用できます。

この練習方法は身体とラケットの長さを覚える練習にもなります。ラケット面の角度も意識して練習に取り組みましょう。

もうひとつの練習方法として壁に向かって、自分でトスを上げて打つ練習があります。これもシャトルへの負担が大きいので、使い古したシャトルを利用することをオススメします。

使い古したシャトルがなければチラシを丸くまとめた物でも代用は可能です。下向きに鋭い角度で打てるように手首の返しや打点に注意しましょう。

上記2つの練習方法は一人でもできるので、バドミントンでスマッシュを自分の武器にしたい人は積極的に取り組んでみてください。




おすすめの記事