リバースカットの打ち方 | バドミントンのオーバヘッド系ショット

バドミントンのリバースカットは、バック奥から逆サイドの相手のネット前へと落とすショットです。リバースカットは通常のカットとは反対に面を切ります。

フォア奥からのクロスカットだとラケットは内側に面を切るのに対して、リバースカットは外側の面を切ります。

今回はリバースカットの打ち方について解説していきます。

1.リバースカットの打ち方

バドミントンのリバースカットの打ち方は、インパクト時のラケットの面の角度が重要になってきます。

オーバーヘッドストロークの構えでシャトルの落下点に入るのは、このリバースカットも同じです。

打点は、ドロップを打つときと同じぐらいのやや斜め前ぐらいがいいです。

インパクトの瞬間に、手の平の甲を外に向けるように打ちます。他のカットショットも同様ですがシャトルのコルク部分をこするように打ちましょう。

インパクトの瞬間に合わせて下半身も動かします。利き足で踏切って跳躍し、逆足へ体重移動を確実に行います。

インパクト後、最後まで利き腕とは逆の脇の下までラケットを振りぬきます。利き腕の肩が前へ向き、ホームポジションへ戻りやすくなるからです。

2.リバースカットのコツと注意点

バドミントンのリバースカットはフォアカットよりも難易度は高いです。しかし、繰り返し練習をすることによって、感覚をつかめば試合でもすぐ使えるようになります。




リバースカットを打つ際は、視線と体の向きに気をつけます。そもそもカットショットの狙いはフェイントをかけて相手の姿勢を崩すことにあるわけです。打つときに上半身が相手のバックサイドに向いてしまっていたら意味がありません。

また視線でも相手に打つ先を読まれてはなりません。対策としては落ちてくるシャトルに視線を集中しておくといいです。

シャトルコックはフライト中の回転方向が決まっています。これは羽根のコルクへの植え付け方が統一されているからです。本来シャトルは右から左へ回転します。

リバースカットは本来回る方向と逆に切るように打つので、シャトルは本来の回転方向へ戻っていこうとします。そのため空中で失速していくのです。

イースタングリップでリバースカットを打つのが難しく感じる人は、ウエスタングリップに握り替えて打ってみて下さい。

練習方法としては相手にバックサイド前に立ってもらいロビングショットで返球してもらうとよいでしょう。

この練習の際も打った後ホームポジションへ戻るまでを1セットとして行います。

相手がいなくても自分で真上にシャトルを高く打ちあげれば一人でも練習ができます。




おすすめの記事