今やホームセンターで機材がそろえられるほどバーベキューは身近になりました。
そこで今回はいつものバーベキューにちょっと手を加えて料理のバリエーションを増やせるようお勧めのバーベキューレシピをご紹介します。

1.初心者でも作れる、簡単おしゃれなバーベキューレシピ

初めに、キャンプでのバーベキューにぴったりの前菜をご紹介します。

普通のバーベキューではまずあまり前菜を作らないのではないでしょうか?

なので今回はアウトドアで簡単に、準備作業をしながらでも食べやすい前菜レシピをご紹介します。

ご紹介するのはマグロのバケットです。

パプリカ、玉ねぎ、きゅうりを粗みじん切りし、5mm角に切ったマグロと合わせオリーブオイルとしょうゆ(ポン酢でもよい)を大さじ1杯加えて混ぜたものをバケットに乗せ、塩、粗挽き黒こしょう、パセリをかければ出来上がりです。

具材を前日に仕込み、保存容器にいれ持参し、バケットを別で持っていけば現地では乗せて食べるだけの簡単おしゃれな前菜です。

次にキャンプのメインディッシュを飾るオススメなのがホイル焼きです。

ホイル焼きはだれでも簡単に作ることができる上、野菜やお肉を焦がさずしっかり熱を通せるのでバーベキューにはぴったりです。

また、包むホイルごとに味を変えていろんな料理、いろんな味を楽しむのもグループキャンプでは盛り上がるのでオススメです。

作り方は至って簡単です。




材料を包めるサイズのアルミホイルをお皿のように角を立たせ、具材と調味料をいれてアルミホイルの口をしっかり閉じて炭の中にいれて焼くだけです。

例えば、カットした野菜、白ワイン、塩コショウ、をいれて前述のやり方で焼くだけで料理が苦手な方でも、またバーベキューに不慣れな人でも簡単に美味しい一品が作れてしまいます。

また、チーズフォンデュ風にとろけるチーズをいれたり、少量の溶き味噌をいれてみそ焼き風にしたり、トマトソースとオリーブオイル、チーズを使ってイタリアン風にと、様々なアレンジを楽しめます。

キャンプで単調にお肉だけを食べ続けるバーベキューには飽きたという方はぜひ試してみて下さい。

2.あると便利なアイテムたち

バーベキューであると便利なアイテムをご紹介します。

まず1つ目は調味料です。

その日の献立で必要なものはもちろん、使う予定のないものでも持っていっておくと、前述のようなアレンジレシピの際、存在感を発揮してくれます。

調味料を持ち運ぶ専用のスパイスボックスが各社から発売されているので併用できると便利かと思います。

もう1つ自信を持ってオススメできるのがアルミホイルです。

前述のようなホイル焼きはもちろん、焼き芋等料理で使うシチュエーションも多い上、あらかじめバーベキュー台の底部に敷き詰めておくことで後片付けも簡単に済ませることができます。

また、使用した網をはじめにアルミホイルでガシガシこすって焼け残しを落としておくと、その後洗いやすく便利に使えます。




おすすめの記事