ランニング初心者が冬のランで気をつけるべきポイント

今まで走る経験がほとんどない方が、趣味でランニングを始めてフルマラソンに挑戦する方も増えてきています。

秋や冬に本格的にマラソンシーズンが始まり、ランニングも追い込みをかけないといけませんが、冬は寒くて外に出るのも億劫になる。

そこで今回は、ランニング初心者が冬のランで気をつけるべきポイントについて紹介していきます。

[br num=”1”]

1.ランニング初心者が冬のランで気をつけるべきポイント

冬の身体が凍てつく寒い日にランニングをする際、安全に行うべきポイントを押さえた上で行うことが大切です。

まず走り始める前に服装から、身体が冷え過ぎないように準備していきましょう。

1番便利なのが、ウインドブレーカーです。

ウインドブレーカーは、いつでと着たり脱いだりできるので、走る前は身体を冷やさないように着込んで、走り出して暑くなるようなら脱ぐことができます。

また、最近ではランニング用のウォームタイツも発売されていて、ウインドブレーカーを着なくても、保温性・通気性に優れた機能を持っているので便利です。

服装以外の防寒対策としては、首を温めるネックウォーマー、口もとをマスク、手袋、腹巻きなど部分的に温めてくれるランニング用のグッズも豊富に出回っています。

[br num=”1”]


2.ウォーミングアップ

服装が整ったら、実際に走る順にですが、その前にしっかりとウォーミングアップでストレッチを行い、筋肉や関節をほぐして怪我の予防に努めます。

冬の寒い時期は、筋肉や血管が硬直しやすく、怪我や事故を引き起こすリスクが高くなるので、身体を完全に温めてから運動を始める必要があるので、ウォーミングアップは必須です。

実際に走り出すときは、いきなり飛ばしたりせず、少しずつスピードを上げて、身体を慣らしていきましょう。

[br num=”1”]

3.足元に注意

冬の寒い日は、路面に氷が張っている場合があり、転倒して骨折なんてこともあります。

道路を走るときは、路面が濡れていないところを走ったりして安全面の確保をするようにしてください。

なにより、天候や路面の環境が悪いとこは、無理して外に出る必要はありません。

体育館やスポーツジムで、ランニングマシンや自転車マシンなどを利用し、外の練習さながらにトレーニングすることができます。

外ではできない筋力トレーニングを行うこともオススメです。

いかがでしたか。

冬は汗をかかずにできるので、追い込んだ練習もしやすくなりますが、体調を崩したり、怪我をするリスクも高くなります。

冬のランで気をつけるべきポイントを押さえておくと、ランニングの効果もさらにでてくるでしょう。




おすすめの記事