ブレイクダンスにピッタリなおしゃれで機能的な服装の選び方

ブレイクダンスを始めるにあたって、一つ気になるのが服装。
どうせなら機能性が良く、おしゃれな服装が良いですよね。

袖や丈の長さもどの長さが良いのか。ブレイクダンスに最適な服装とは。
切っても切れないファッションについて記載していきます。

1.ブレイクダンスの服装

ブレイクダンスにおいて、服装の決まりはありません。
個人のファッションスキルが試されます。

ダンスは踊りで表現をするのですから、服装も軽視は出来ないポイントです。
そこでブレイクダンスにピッタリな服装の選び方を解説していきます。

1.上着編

まず、袖の長さについてです。
半袖・七分袖・長袖とどれを選んでも良いのですが、初心者の内は「長袖」を選ぶことをお勧めします。
理由としては、最初の内は身体をぶつけたり、擦りむいたりすることが非常に多い為、被害を抑える事が出来ます。

次は素材です。
パワームーブを中心に行う方には、非常に重要な要素です。
床に身体を付け回転する機会が多い事ので、摩擦等の観点から「ウインドブレーカー」がお勧めです。
http://amzn.asia/fijaWkC
特にこういったポリエステル素材な物であれば、回転もしやすいのでお勧めですね。

頑丈性や糸が解れてしまう事を考え、ニットやセーター等は控えた方が賢明です。

http://amzn.asia/06czOtR
Tシャツであれば、こういったコットンやポリエステル素材がブレイクダンスに向いています。
出来るだけ頑丈な物を選びましょう。

2.ズボン編

ズボンにおいても長さは悩むポイントですね。

一つ豆知識ですが、ブレイクダンスは元々ギャングの抗争から生まれたダンスです。
銃撃戦の代わりにダンスで勝敗を付けるように変化していったのです。
その際に、裾や靴下に銃を隠していないとアピールする為に、長ズボンの際には片足の裾を上げ証明していたと言われています。




それに倣って長ズボンを履き、片裾を上げている人も多く見られますので興味を持った方は試してみると良いでしょう。

また、長ズボンにする事で長袖同様、擦り傷防止にも繋がります。
特にフットワークを中心に行う方は長ズボンを履いている人が多いです。

長ズボンでも、フットワークを中心に行うスタイラーの方は、細身なスキニーパンツを好む傾向が見られます。
繊細な足の動きが伝わりやすく、シャープに見える為ですね。

ズボンは上着と比べると、そんなに素材が重要ではありませんが、なにより耐久性が重要となります。
床と擦れる場面が非常に多いので、生地によってはすぐに破れてしまいます。

ブランドでいうとディッキーズがお勧めです。
http://amzn.asia/1AvI2HG
元は作業着として作られている為、耐久性は抜群です。
デザインも良く普段使いも可能なアイテムなので、ブレイクダンサーにも愛用者が非常に多いです。
何を履けばいいか分からないという初心者の方は、こちらにしておくと間違いないです。

http://amzn.asia/c2EvUl3
ハーフパンツもお勧めです。大き目なサイズの為サポーターの装着も容易です。

2.何より重視するのは耐久性

ブレイクダンスの服装において、なにより重視するのは耐久性です。
その為、Tシャツ・ジャージ・ウインドブレーカーの着用者が多く見られます。

まずは頑丈さを確認した後に、おしゃれを選びましょう。

また、ブレイクダンスではどうしても服やズボンを痛めてしまう為、ダンス専用の服として、普段着とは分けたほうが賢明でしょう。




おすすめの記事