ブレイクダンスのモチベーションの上げ方

ブレイクダンスは難易度が高い技も多く、すぐに上達を実感出来る機会は中々ありません。
諦めずに練習を続けるしか無いのですが、スランプを感じてモチベーションが下がってしまう可能性があります。

そこで、ブレイクダンスにおけるモチベーションの保ち方について記載していきます。

1.ブレイクダンスでモチベーションを保つ方法

ブレイクダンスを続けていると必ずスランプを感じる事があります。
動画やテレビでブレイクダンスを見て、自分もあんな風に技が出来るようになりたいと強い意志を持って始めても、壁にぶつかってしまい、ブレイクダンスに対するモチベーションが下がってしまう事も多々あります。

そんな時にモチベーションを下げずに、ダンスに対する熱を保ち続ける方法について以下に紹介して行きます。

1.ダンス仲間を作る

モチベーションの維持に最も効果的なのは、ダンス仲間を作る事です。
どうしても一人で練習していると、壁にぶつかった際にモチベーションの維持が難しいです。

ダンス仲間を探す際は、自分と同じくらいの腕前の方が望ましいです。
初心者の方は同じく初心者の方を見つけましょう。
腕前が同等であればライバルとして切磋琢磨出来ますし、目線も同じである事から悩みの共有も出来る事からモチベーションの維持がしやすいです。

2.別の技を練習する

ある技を練習していてどうしても習得出来ない、上達しないといった場合には、一度その技の練習を中断し他の技の練習をしてみましょう。




レパートリーを増やすことが出来ますし、別の技を練習中に身体の使い方を覚え、当初習得を目指していた技が上達する事もあります。

3.ダンス動画を見る

世界大会の決勝戦等のハイレベルな動画を見てみましょう。
鮮やかな動きで華麗に踊っている姿を見ると、自分もこうなりたいと熱が再燃しモチベーションが上がります。

また、好きなブレイクダンサーを一人見つける事です。
目標となるブレイクダンサーを設定する事によって、その方が大会やイベントに出ている動画を見ればテンションが上がりますし、同じ舞台に立ちたいとモチベーションも向上するはずです。

2. モチベーションが下がってしまう原因

技を練習している際に壁にぶつかると、何故出来ないんだ、自分はブレイクダンスに向いていないのかと自分を責めてしまいがちです。
それによりモチベーションも低下してしまうので、自分を必要以上に責めないようにしましょう。
出来なくて当たり前という精神を持つ事が大事です。

他に初心者の方はいきなり難易度が高い技に挑戦してしまいがちです。
段階を踏んでおらず必要な筋肉も身につけていない事から、出来ないのは当たり前なのですが、自分には向いていないと挫折してしまいます。
その為、コツコツと練習していき目標設定も低い所から始め、成功体験を増やしていく事が良いでしょう。




おすすめの記事