キャンプ場での清々しい朝にぴったりの朝食レシピをご紹介します。
どれも簡単に作れるので是非試してみてください。

1.おいしいホットサンドの作り方

キャンプでの朝食の定番と言えばホットサンドは欠かせません。

手軽に作れておいしいホットサンドは具材をアレンジすることで、何通りにも調理ができます。

まず定番なのはハムとチーズでしょう。下ごしらえ等が一切いらず、とてもお手軽に作ることができます。

また、卵を焼いていれてもいいですし、あまりものの野菜をいれたヘルシーな物もいいですね。

最もオススメの組み合わせはほうれん草とコーンビーフのホットサンドです。

片面にパン、ほうれん草、目玉焼き、ほうれん草、コーンビーフの順にいれたホットサンドはお手軽ながらボリューミーで普段の朝食にもオススメです。

また、ヨーグルトやフルーツをいれたデザート感覚のホットサンドはお子様連れの朝食にオススメできます。

ホットサンドメーカーは各社3000円~5000円前後で販売しているようなので、一つお好みのものを持っておくのがいいかと思います。

2.スキレットを使った朝食

次にご紹介するのはスキレットを使った朝食レシピです。

スキレットとは鋳鉄製のフライパンを指し、近年おしゃれなカフェでのフードメニューにも使われており、今人気のアイテムです。

蓄熱性が高くむらなく火を通すことができるため、アウトドアクッキングにもオススメの一品です。

そんなスキレットに油をひき、ベーコンを敷いた上に卵を割り、黄身に干渉しないように周りに野菜を敷き詰めて、お好きな調味料を振り少し火にかけるだけで簡単においしい野菜炒めが作れます。

またお好きな野菜とみじん切りにしたニンニクを痛め、トマトソースを加えて10分程度煮込んでおくだけでラタトゥイユを作ることもできます。




バケットを添えて食べるとまるでカフェのようなおしゃれな朝食をキャンプ場で食べれてしまいます。

一つ持っておくだけで夜のメインディッシュから朝食まで幅広い料理に活躍するスキレットを一つ持っておくだけで様々な料理を作ることができます。

3.朝食と言えば。おいしいコーヒーの入れ方

キャンプ場での朝食にはコーヒーが欠かせません。

朝、太陽の光を全身に浴びながら飲むコーヒーは格別です。

コーヒーを淹れる器具から、ご紹介していきます。

まず一番メジャーなのはドリッパーを使って淹れるコーヒーでしょう。

有名なのはペーパーフィルターを用いて淹れるもので、カップにドリッパーをセットした後フィルターを置き、豆を入れてお湯を注ぐだけというシンプルな方法で手軽においしいコーヒーを楽しむことができます。

折りたたみ出来るドリッパーも各社から販売されており、携帯性にも優れるので荷物をコンパクトにまとめる必要のある移動を伴うキャンプでは重宝すること間違いなしです。

また、ステンレス製のドリッパーで、ペーパーフィルターを使わないタイプの物もありますのでお好みに合わせて探してみてください、

また、キャンプでのコーヒーと言えばパーコレーター無しでは語れません。

パーコレーターとはフランス発症のコーヒー抽出器具と言われ、コーヒーを愛するキャンパーには欠かせないアイテムとなっています。

蒸気としてお湯を循環させることでコーヒーを抽出するパーコレーターは、淹れてすぐとしばらく置いたものでは味も風味もまるで異なるのを楽しむこともできます。

また、ハンディタイプのミルクフォーマーを持っていくとコーヒーにふわふわのミルクを淹れることもできますよ。

ぜひ、至福の朝の一杯の為に、お好みのコーヒー器具を探してみて下さい。




おすすめの記事