これから登山を始める方に必需品となるのは、登山用のザックです。登山にはたくさんの荷物を入れるため、重要な登山用品の1つですので、選び方も大切となります。

登山用のザックは、他にもバックパックや、リュックサックとも呼ばれます。登山用のザックは様々な特徴もあります。登山の規模や背負う方の体格、機能性など目的や用途に合ったザック選びが大切です。

1.登山用ザックの特徴

登山用のザックの特徴としては、1つは通常のザックとは違い、たくさんの荷物を入れて長時間背負っていても、背負いやすく疲れにくいことです。通常のザックでは、たくさんの荷物を入れて背負うと、肩や腰に負担がかかってしまい痛めてします可能性があります。

登山用のザックは、すでに設計の時点で肩にフィットしやすいような形状になっております。ウエストベルトもあり、荷物の荷重を腰にも分散させるため、不安定な場所を歩く際にもザックが身体に密着し安定感があります。

もう1つの特徴としては耐久性と機能性に優れているという点です。ザックには、登山に必要なたくさんの荷物を入れるため耐久性に強く、なおかつ軽いタイプの素材で作られております。




また登山しながらでもペットボトルや地図など必要な物を取り出しやすいように外ポケットが工夫されていたり、荷物が整理してたくさん入るように内ポケットなど間仕切りが工夫されていたりなどされています。

2.登山用のザックの選び方

登山用のザックの選び方として、まずは登山目的にあったザックの大きさ選びと、実際に背負ってみてでのフィット感を大切にすることがポイントになります。

ザックの大きさには、10~90リットル以上と大小と様々なタイプのものがあります。大きさを選ぶ目安としては、日帰りの登山は20リットル前後、日帰りでも荷物の多い場合の登山は30リットル前後となります。

山小屋で一泊の登山であれば、40リットル前後、テント泊の登山であれば60リットル前後となります。

身体にきちんとフィットしているかの確認法は、どこか当たって違和感や痛い場所などはないか、ザックと背中との間に隙間がありすぎていないか、背負い心地も含め必ず確認することです。

このように、いかに自分の目的や用途にあった登山用のザックを探して選ぶかが、選び方のポイントになります。

3.女性用の登山用のザック

女性の登山用のザックの選び方としては、女性専用のザックを選ぶことをお勧めします。女性の胸やお尻など全て女性の体つきに合わせて、ショルダーハーネスやウエストベルトも設計されています。




おすすめの記事