キャンプ初心者におすすめの冬場の服装

「キャンプは人が多い夏よりも冬に楽しみたい」という人は意外と多いです。

冬キャンプは静かですし、虫が少ないので快適な環境でキャンプが楽しめます。

そんな冬キャンプを始めたい初心者の方におすすめの冬場の服装をお教えします。

1.冬キャンプ定番の上着はこれ

冬なので、当然寒いですし、野外の夜は想像以上に冷え込みます。

そのため防寒着は持っていけるだけ持っていきましょう。おすすめは次の3つです。

1.パーカー

一般的に温かい服装と言えば、ダウンですが、ダウンは火に弱いです。

冬キャンプではBBQや焚火を楽しむものですが、ダウンだと火の粉で穴が開いてしまいます。

そのため冬キャンプには生地の厚いパーカーを外に着るのが良いでしょう。

2.ダウンベスト

とはいってもダウンはやはり一番暖かいので、外に着るのではなく、中に着ましょう。

ただし、ダウンはモコモコなので、かさばらないダウンベストがおすすめです。

3.化繊素材のインナー

ポリエステルのような化繊素材をインナー使いすると熱がこもってとても暖かくなります。

また、BBQや焚火にあたりすぎて汗をかいてしまった場合でも、化繊素材は吸水性があるので、汗をしっかり吸ってくれます。

風通しが良すぎるため、アウター使いをするとかなり寒いです。アウター使いは厳禁です。




2.下は街用の服装でOK

下半身はタウンユースでOKです。おすすめは頑丈なジーンズやコットンパンツです。

1.ジーンズ

ジーンズはもともと作業着なので、頑丈で破れにくいです。

アウトドア向きのズボンです。

2.コットンパンツ

コットンパンツはジーンズよりももっと頑丈です。

比較的、厚手なので火の粉が飛んできても熱さを感じづらいです。

キャンプ用の分厚いコットンパンツなら火の粉は恐るるに足らずです。

3.足元から暖めましょう!

上半身を暖めても足元が寒いとなかなか体は暖まりません。

足元を暖めるのは冬キャンプでお決まりのルールです。

1.分厚い靴下

厚手の靴下を履いておくと、いつも体がポカポカします。

ウール素材が一番良いですが、違う素材でも可です。

厚手の靴下がない場合は靴下の2枚履きや3枚履きでも十分です。

冬キャンプは、“炎”がいつもそばにあります。

直接的に体を暖めるためや暖かいご飯やドリンクを飲むために絶えず炎が立ち上っていますので、厚い素材、もしくは燃えづらい素材の服装を意識しましょう。

冬キャンプはハードルが高いように思われますが、暖かい服装を準備していけば、まったく問題ありません。

最近は特に冬キャンプにはまる人が増えているようですので、ぜひあなたも一度チャレンジしてみて下さい。




おすすめの記事