通勤ランに携帯したい持ち物

趣味でランニングを始めて、練習もかなりするようになり、フルマラソンの大会にも出場したいと考えている。

まだまだ練習量が足りないので、通勤ランを取り入れていきたいが、どのような物を持って走ったほうがいいのだろう。

今回は、通勤ランをする際に携帯したい持ち物について紹介していきます。

[br num=”1”]

1.通勤ランに携帯したい持ち物

通勤ランを始めたばかりのとき、どのような物を携帯すればよいのでしょうか。

・ランニング用バック
まず第一に、着替えや仕事で使う資料などを収納するものとして、ランニング用バックがあげられます。

普通のバックパックとは異なり、ランニング用は身体に密着しやすい形状になっており、また胸とお腹にベルトがありしっかり身体に止めることができます。

・着替え
通勤ランで出勤した後、着替えないと匂いが気になります。

必要に応じて、多めに着替えを入れておきます。

・レインコート
急な雨にも対応できるようにレインコートをバックに入れておきます。

できるだけ走りやすいように、軽量で機能性に優れたものを選びましょう。

・お金
万が一のためにお金も忘れずに持ち、急に体調が悪くなったとき、怪我をしたとき、タクシーなどを呼べるようにしておきましょう。




・GPS機能付きウォッチ
あれば便利なものときて、GPS機能付きウォッチがあります。

普通のストップウォッチとは違い、GPS機能が自分の走った距離やペース配分、通ったコースまで記録してくれます。

最近では、パソコンにもデータを飛ばせるので、毎回の細かい記録を取ることができ、自分の成長や課題を見つけることができます。

・エネルギー補給用ゼリー
通勤ラン直後には、栄養やエネルギーを補給するために、エネルギーゼリーをカバンの中に入れておくと、速やかに補給することができます。

・汗拭きシート、制汗スプレー
通勤ランが終わって出勤する際、しっかりと汗拭きシートで全身の汗を拭き取りましょう。

汗拭きシートは、フェイス用とボディ用があるので両方用意しておくとよいでしょう。

制汗スプレーは、汗が止まらないときなどに吹きかけると発汗を抑えたり、臭いの原因となる菌を除去してくれます。

通勤ランに携帯したい持ち物について、いかがでしたでしょうか。

通勤ランをすると、普通の通勤よりも荷物は多くなりますが、しっかり準備しておくことで、走った後は清々しい気持ちで業務に入ることができ、充実した1日を過ごすことができるでしょう。




おすすめの記事