40代後半から50代前半で始めるバレエのダイエットついて

45歳から50歳前半の女性と言うと女性の身体が最も変化する時期の一つ。そこで、「40代後半から50代前半で始めるバレエのダイエット」について、考えてみたいと思います。

1.最も痩せにくい世代

女性にとって40代後半からは最も痩せにくい世代になっていきます。

この年代で体調不良を感じる人感じない人は様々ですが、感じないからといって体に変化が起きていないわけではありません。

基礎代謝の低下とエストロゲンの減少により、太り始めるのもこの頃です。

この時期は不思議なくらい、食事制限などのダイエットでの効果が薄くなります。

食べる量を減らしても体重が落ちないのに、少し食べるとあっという間に体重が増えた経験のある方もいらっしゃると思います。

そういった身体の反応を感じたら、食事制限でのダイエットだけでは事実上痩せない年代に入ったと自覚することが大切です。

痩せにくい世代に突入したことを受け入れたうえで、安全に減量やサイズダウンに取り組んでいただきたいと思います。

2.運動量を増やす、筋肉をつける

この年代からのダイエットは、まず運動量を増やし筋肉をつけることを目指して頂きたいと思います。

体脂肪を下げる場合は有酸素運動で、筋力をつける場合は筋力トレーニングでと、目的に応じて手段を選ぶ必要があります。

この年代の方が週に3回ぐらいレッスンに通った場合、筋肉がついて身体が引き締まりますが、

体脂肪率がガクンと下がるというわけではありません、つまりバレエのレッスンは脂肪燃焼より筋力アップと捉えた方がよさそうです。

もちろんそれには個人差がありますが、体脂肪や内臓脂肪を落とす為には有酸素運動が必要と言うのも納得です。




内臓脂肪や体脂肪を落とすために有酸素運動を行う場合は、時々やる程度ではあまり効果を発揮することができないため、日々の生活に取り入れる必要があります。

たった1日でもサボってしまうと内臓脂肪を減らす効果は半減してしまうそうなので、毎日短い時間でもよいので有酸素運動を続けることがダイエットにも繋がると言えます。

3.ダイエットには睡眠時間も不可欠

ダイエットを成功させるためには睡眠時間が不可欠であるということはすでに多くの皆さんがご存知だと思います。

そもそも、若頃から夜型だった方でもこの年代になってくると夜更かしが出来なくなってきたと感じられていると思いますが、

ダイエット目的で言えば、年齢に関係なく睡眠時間はとても重要です。一日7時間半から8時間の睡眠をとるのが最もダイエット効果が高いとされていますが、

正直この年代になり8時間寝るのはだいぶ苦戦するので、8時間までと言わなくてもなるべく多く、それでも6時間以下にならないようにしっかり眠っていただきたいと思います。

実際50代目前の方が、一週間夜11時に寝て朝7時に起きる生活を一週間しただけで体重が2キロ落ち方もいらっしゃいます。

睡眠はダイエットだけでなく、美肌や疲労回復、筋力UPにも効果がありますので、積極に寝てみるのも良いと思います。

ダイエットをするものにとって、楽して痩せるというのは願わずにはいられないことです。眠ったり歩いたりすることで体脂肪が下がるなら、それはかなり苦労が少ない方と言えるので、生活の中で上手に有酸素運動を取り入れて、夜はゆっくり眠っていただきたいと思います。




おすすめの記事