30代前半から始めるバレエのダイエットについて

バレエをしていなくても、数年前のボディラインとの違いが気になり始めるこの世代。そこで、「30代前半から始めるバレエのダイエット」について、考えてみたいと思います。

1.なんで痩せる必要があるのか?

ダイエットが必要だと感じた時、まず確認してほしいことが、そもそもなんでダイエットが必要なのか?と、そのために生活習慣の再確認です。

ダイエットが必要かどうかは、体脂肪率や内臓脂肪レベル、BMIなどが計れる体重計で身体を調べてみるか、会社などで受診した健康診断表をチェックされるといいです。

BMIが25以上であればダイエットも必要ですが、それ以下でしたら健康診断結果などに特に指示がない限りダイエットの必要性はないと思われます。

健康目線からのダイエットは必要なくても、ボディラインの変化や身体を引き締めたいと思わるなら、ダイエットより筋トレが有効です。

筋肉が付くことで多少体重が増えることもあるかもしれませんが、それよりも筋肉が付くことによって肥満でない人も更に、健康で元気に過ごせるようになることのほうが、

美容目線からもメリットは大きいです。

2.忙しい世代だからこそ.生活習慣の見直しはまず睡眠

バレエを長くしていると、人間の身体は意外とシンプルであることに気が付かされます。

睡眠時間をたっぷりとれていれば、レッスンでの集中力や身体の反応、疲労感が違うし、

食事を抜いてレッスンに来ると、たかだが1時間30分のレッスンなのに、途中でバテてしまってレッスンがきつく感じるし、




おまけに睡眠不足の時は、間違いが多く、自分の身体のコントロールも満足に出来ず、頭と体が繋がっていない感じがします。

身体にとって睡眠時間と栄養の影響はとてもシンプルでストレートです。

そのため、ダイエットをされる場合はまず睡眠時間と食事について見直しをされてみて頂きたいと思います。

特に睡眠時間を毎日7時間ぐらい取ることで、それまで眠れていなかった人は身体の変化に気が付くと思います。

睡眠がしっかりとれていると、食欲も安定し、身体の疲労回復がされているのも実感できると思います。

3.ダイエットの基本は消費カロリーを上げる

ダイエットの基本は摂取カロリーより、消費カロリーが大きくすることなのは皆さんご存知だと思います。

中でも30代以降の方々は、摂取カロリーを減らす努力より消費カロリーを増やす努力をされる事をお薦めしたいと思います。

つまり食事を減らすのではなく、運動を増やす、筋肉をつける。それによって基礎代謝を上げるということです。

バレエのレッスンが週に1度しかないのであれば、ウォーキングやジョギング、水泳やヨガ、ピラティスなどで筋力UPをすることで、痩せる身体のサイクルをつくって行けます。

年齢とともに増えてくる体脂肪をコントロールするためにも、筋肉をつけて痩せやすい身体を手に入れて頂きたいと思います。

女性の身体はどうしてもホルモンの影響を受けるため、30代に入ると徐々に体脂肪や内臓脂肪が増えてきます。必然的に有酸素運動も必要になってきますので、バレエと有酸素運動両方を少しづつでも生活に取り入れられるのが理想です。




おすすめの記事