20代から始めるバレエのダイエットについて

バレエを習っていてもいなくても気になる体重やボディライン。20代の女性にとってダイエットは不滅のテーマ? そこで、「20代から始めるバレエのダイエット」について、考えてみたいと思います。

1.無理なダイエットをしてもバレエは続かない

20代と聞くとみんながダイエットをしている印象があるほど、痩せることに関心の高い世代だと思います。

ましてバレエを始めたら、十分スレンダーであっても痩せたいと思うこともあると思います。

しかし、バレエを始めたことでダイエットをしようと思ったなら、注意していただきたい事があります。

それは、無理なダイエットをしても、バレエが踊れる身体は作れない。ということです。

バレエが上手になるためには、健康な筋肉や健康な身体のサイクルが必要です。

そのためには、栄養摂取はとても大切なことで、食事に対して丁寧な配慮をすることがダイエットのスタートでもあります。

空腹で運動をしても、ケガのリスクがあがり、レッスンにも集中できず、体調不良も起こしかねないので、しっかりと栄養を取り身体を整えてレッスンしてほしいと思います。

2. 踊れる身体を作る努力は日常生活にもメリットあり

踊れる身体を作るために必要なことで、ダイエットを考えるということは、当然最初に見直すのは食生活です。

一番のおススメは、自炊またはご自宅でのお母様のお食事の回数を増やすことです。

外食やコンビニなどの食事が太る原因であることは、皆さんよくご存じだと思います。

でも、ここでは単に痩せた細い身体を手に入れるためではなく、踊れる身体を作るためのダイエットが目的ですから、




その為には、栄養素や摂取カロリーについて中身を考える必要があります。

五大栄養素をきちんと摂取すること、タンパク質やアミノ酸、そして女性は特に鉄分等のミネラルを継続してきちんととっていくことで、

バレエのレッスンにも耐えられる身体の基礎もできますし、日常的な体調不良も変化が感じられると思います。

3.ダイエットのためにはバレエ以外の運動も

バレエが踊れる身体を作りながらダイエットをする場合は、バレエ以外の運動を取り入れることをおススメしたいと思います。

これはバレエ初心者に限ったことではないのですが、バレエだけやっていても意外と痩せないし、ボディラインの変化もなかなか感じにくいものです。

またダイエットの基本は摂取カロリーより消費カロリーのほうが大きいことが基本ですので、

摂取カロリーを無理して制限するより、消費カロリー、つまり運動を増やした方が結果が出やすいわけです。

バレエには腹筋、背筋、殿筋、ハムストリングと全身の筋肉が必要ですので、ジムなどで筋トレや水泳をしたり、ウォーキングなどを取り入れてもいいでしょう。

筋肉がつくと体重が増えたように感じることがあるかもしれませんが、引き締まった身体と下がった体脂肪を見たら、不満は少ないと思います。

筋肉が付くことで体調の変化を感じる方も多いですし、レッスンでの怪我や体調不良も起きにくくなると思いますので、ぜひ試していただきたいと思います。

エネルギーも体力もいっぱいある20代、誘惑は周りにいっぱいありますが、更なる美しさを目指してライフスタイルを少し変えて見られては如何でしょうか?まだまだ、可能性が溢れる20代をバレエでも楽しんでいただきたいと思います。




おすすめの記事