ダッチオーブンの使い方とおすすめレシピ | キャンプ場の基礎知識

1.ダッチオーブンとは?

ダッチオーブンとは、分厚い鉄製の鍋です。おしゃれなアウトドア好きな方は大体持っているキッチン用具です。

キャンプ場にダッチオーブンを持って行けばちょっとしたヒーローになれます。

鉄製なので、重量はありますが、実はこれがダッチオーブンの良さです。

ダッチオーブンはフタも鉄製で重たいため、上から圧力がかかり圧力鍋のような効果を発揮します。

そのため料理が早く、かつ美味しく出来上がります。

また完全密閉することで旨味や水分を逃がさないので、無水料理に適したキッチン用具です。

2.ダッチオーブンの使い方

購入したばかりのダッチオーブンはサビ防止のためにワックスコーディングがしてあります。
このワックスをとるためにシーズニングという慣らす作業が必要になります。

詳細は省きますが、まず水で洗って、空焼きをして、油をひいて、野菜を炒めます。

油をひいて、野菜を炒める作業を何度かしたら、後は洗って油をひけばダッチオーブンを使う準備は完了です。

3.ダッチオーブンのおすすめレシピ

ダッチオーブンを使えば、たくさんの料理が作れます。

おすすめの料理はこちらです。

1.ローストチキン

ダッチオーブン料理の定番中の定番ローストチキン。

大きくカットした人参、玉ねぎ、じゃがいもと一緒にダッチオーブンに入れて焼くだけ。




シンプルですがダッチオーブンじゃないとできないキャンプ料理です。

2.ピザ

ダッチオーブンを使えばピザが簡単に焼けます。

ダッチオーブンに直接ピザを入れてしまうとくっつくので、網やアルミホイルを敷いたうえにピザをのせて焼くと美味しく上手に出来上がります。

3.燻製料理

ダッチオーブンは燻製もお手の物です。

比較的、難易度の低いチーズやゆで卵から始めて、本格的なビーフジャーキーやベーコンまで作れるようになれば一人前です。

4.パエリア

ごはん系の料理もできるのがダッチオーブンの魅力。

ダッチオーブンごとテーブルに置けば、見た目も美味しいダッチオーブン料理が出来上がります。

5.焼きリンゴ

最後はデザート。甘いものが食べたい時はダッチオーブンでリンゴを丸ごと焼いてしまいましょう。

リンゴは1つが大きいので、フライパンで丸ごと焼くとなると簡単ではありませんが、ダッチオーブンを使えば10分ほどでトロットロの焼きリンゴが完成します。

3.ダッチオーブンのまとめ

いかがでしたでしょうか。魅惑のダッチオーブン料理の数々。自宅にある調理器具ではではなかなか作れない料理ばかりですが、ダッチオーブンを使えばすべて作れます。

販売されているダッチオーブンの中に、焚き火や炭火などのアウトドア環境だけでなく、自宅のガスコンロなどで使える商品もありますので、ぜひ探してみて下さい。




おすすめの記事