楽器の組み立て方 | サックスの基本

サックスのケースを開けて、いざ組み立てようと思ったら組み立てかたがわからない・・・初心者の方からよく聞く相談です。

適当に触ってしまって壊れるのも怖いですよね。今回は正しいサックスの組み立て方を説明します。

1.マウスピースとネックをつなげる

まずはネックを手に取り、コルクが乾いていないか確認しましょう。

コルクが乾いているとマウスピースが入りにくくなるので、薄くコルクグリスを塗ります。
※ほんの少しコルクにつけて、あとは指で伸ばします。つけすぎるとベタベタになってしまいます。

マウスピースを持ち、ネックに取り付けます。この際にまっすぐに押し込んでもスムーズには入りませんので、少し左右にねじりながら少しずつ奥に差し込んでいきます。
※ネックのコルク部分が1cmくらい見えるあたりまで差し込めば大丈夫です。

1cm以上見えていたり、ほとんど見えていない状態にまで差し込んでしまうと音の高さが変わってしまいます。

2.リガチャーを取り付ける

マウスピースにリガチャーをはめます。
この際、あまり奥まできつく差し込まず、ふわっとかぶせる程度で結構です。

うまくかぶせられない場合はリガチャーのねじが締まりすぎているので、ねじをはずれない程度にゆるめましょう。

3.リードを取り付ける

リガチャーを少しずらし、リードの下部(ヒール)を持ち、平らな面とマウスピースがくっつくように合わせます。




リガチャーでリードを仮押さえして、マウスピースとリードの先端を揃えます。
※この際、リードを見ている角度によって位置がずれてしまうため、目の高さに合わせましょう。

リードの位置が決まったら、リガチャーのねじをしっかり締めて固定します。
※きつすぎるとねじが壊れてしまうので、リードがぐらつかない程度まで締めればOKです。

4.楽器本体とネックを取り付ける

先程組み立てたネック・マウスピースを一旦置き、楽器管体の上部についているエンドプラグ(黒いプラスチック)をねじをゆるめてはずします。

首にかけておいたストラップに楽器管体を左からかけます。
※楽器の手前中側あたりにストラップをかけるための丸い部品がついています。

楽器本体を落としてしまわないための手順ですので、忘れないようにしましょう。

先程置いておいたネック・マウスピースを管体上部にはめます。
この際、まっすぐ入らない場合はねじが締まりすぎていないかどうか確認し、ねじを十分にゆるめて少し左右にまわしながら入れるとスムーズに入ります。

※ネックを差し込んだ際に、ネックの裏側にあるラインと管体上部から突き出ているピンがまっすぐになるようセッティングし、オクターブキーの内側にピンが入るようにしてください。

位置が決まれば管体上部のネック固定用ネジをしっかり締めます。

これで初心者でもサックスが組み立てられます。楽器は精密機器ですので、必要以上に怖がる必要はありませんが、極力丁寧に取扱してください。

無理やりねじこんではずれなくなった場合は、楽器店に持ち込んで修理してもらいましょう。




おすすめの記事