ドロップへの対応や返し方 | バドミントンの様々なショットへの対応

バドミントンの試合で勝つためには、相手の打ってきたショットへの返し方が重要になってきます。

今回はドロップショットを相手に打たれた場合の対応方法について説明します。下向きに飛んでくるショットなので、アンダーストロークの「ヘアピン」か「ロビング」で対応します。

もし、ドロップの軌道が緩やかだった場合は「プッシュ」を打ちこんで攻めましょう。またプッシュと見せかけて「ストップショット」で相手を前に引き寄せるのも効果的です。

それぞれのショットの返し方について解説します。

1.ヘアピンで対応する場合の返し方

ドロップで落とされた場合、相手への返し方としてヘアピンショットでの対応が考えられます。

ヘアピンショットとはバドミントンの球種の中でも駆け引き的要素が強いショットに分類されます。ヘアピンの軌道は逆U字になります。

ヘアピンのショットの中でも種類があります。飛んできたシャトルに対してストレートに返すヘアピンがひとつです。ふたつ目は飛んできたサイドと逆サイドに返すクロスネットです。

3つ目はスピンネットと言ってシャトルに回転をかけて対応するショットです。3つのショットの打ち方については各項目で確認してください。

相手がドロップで打ってきたときに、自分に余裕がある場合はヘアピンで対応します。そのときはヘアピンかスピンネットがよいでしょう。




相手をコート奥から手前に引きつける返し方になるので効果的です。相手が打ったドロップショットに対して自分の対応が遅れてしまった場合はクロスネットで返します。

クロスに返すと逆サイドにシャトルが飛んでいくことになるので滞空時間が稼げます。ロビングを打つ余裕がない場合はクロスネットで対応し、自分の姿勢を立て直しましょう。

2.ロビングでの返し方

バドミントンの試合中にネット際に落とされて、姿勢が崩れたときはロビングで高く打ち上げて対応します。また相手の動きを見て、コート奥へ動かしたいときに有効な返し方です。

シングルス、ダブルスともに共通してロビングで返す場合の狙いどころは、バックバウンダリーラインの手前ギリギリに返すことが理想です。

シングルスの試合の場合は、相手の動きを見てスピードや角度を変えて打つと効果的です。ドロップを打ってきているので同じサイド奥にもう一度返すのか、逆サイドに返すかは相手の位置をよくみて打ち分けましょう。

ダブルスでは角度が低いと前衛に打ち込まれてしまうので高く上げて返します。後衛をコート奥へ追いやることが狙いです。

ダブルスの場合は高く打ち上げたら、守備隊形のサイドバイサイドにフォーメーションを変えましょう。




おすすめの記事