ランタンの種類とレイアウト方法 | オートキャンプの基本

キャンプに灯る明かりはやっぱりこだわりたいところです。

機能面だけでなく、おしゃれであればなおよしです。

1.ランタンの種類はこれ

ランタンは大きく分けて3種類あります。

それぞれに個性があります。

1.ガスランタン

ガスランタンは幻想的な明かりが魅力的です。

ガスランタンは自宅の明かりとは違う温かみのあるオレンジ色の明かりが特徴的です。

ガスが燃料なので、扱いやすい点もガスランタンの魅力です。

光量も十分です。

2.ケロシンランタン

別名灯油ランタンと言います。

言葉の通り、灯油を使ったランタンです。

ケロシンランタンは見た目の全体がランプっぽいので、かなりレトロ感を演出してくれます。

光量もガスランタンと同じくらい多いので、十分な光を発してくれます。

ケロシンランタンにはプラスアルファとして暖房効果がありますので、冬キャンプには重宝すると思います。

灯油の持ち運びが若干面倒くさい点があります。

3.LEDランタン

LEDランタンは手軽さが売りです。

ケロシンランタンやガスランタンのように別で燃料を準備する必要がありません。

電池で光ってくれるので、利便性を求めるならLEDランタンです。

またLEDランタンの良さはテント内でも使える事。




ガスランタンやケロシンランタンは炎の光なので、テント内で使うと危険です。

テントに燃え移る可能性もありますが、LEDランタンはそんな心配ありません。

2.ランタンのレイアウトはこうだ

ランタンを美しく見せる方法は2つあります。

1.ランタンポールを使う

ランタンポールを使って上からテントサイト全体を照らせばランタン1つで十分な明かりになります。

遠くから見るランタンは広がるような光を発しているので、これもまた美しいです。

ランタンポールを使う場合は燃料系ランタン(ガスランタンとケロシンランタン)が特におすすめです。

2.テーブルの上にドカッと置く

ご飯を食べるときはテーブルの上にドカッと置きましょう。

おすすめは燃料系ランタン1つとLEDランタンの組み合わせです。

燃料系ランタンはムーディーな雰囲気を作っておしゃれ感を演出してくれますし、LEDランタンは実用的です。

食事の際にはこのセットが最強です。

3.ランタンのまとめ

ランタンの有り無しでテントサイトの雰囲気はガラッと変わります。

特に燃料系ランタンがあるとテントサイトがとても幻想的になります。

燃料の準備が必要ですが、その手間以上の価値が燃料系ランタンにはあると思います。




おすすめの記事