胸取り二教のやり方とコツ | 合気道の上達法

今回は合気道の胸取り二教について紹介します。

護身術としても有名な合気道ですが、合気道の胸取り二教は現実に起きそうな状態と言えるかもしれません。

男性の方であれば「胸ぐらを掴む」というシーンを見た事がある方も多いのではないでしょうか。

あの状態は相手に先制を取られているので不利な状態と言えます。

合気道胸取り二教ではこの状況を打破します。

どのような術理でなされるのか、ポイントを紹介していきます。

1. 胸取り二教

合気道胸取り二教は相手がこちらの襟首付近を両手で掴んだ状態から始まります。

アニメや漫画でもよくある一生触発のシーンと酷似していますね。

現実的にも嫌なことですが起きやすいかもしれません。

実際にやられると精神的なものもさることながら、あご下に相手の手がきますので足が浮きやすく非常に危険な状態に追いやられてしまいます。

しかし、合気道胸取り二教はこの状況を打破します。

どのような理屈で成り立つのかのポイントを紹介していきます。

当然ながら腕の力でなんとかなる事は絶対にありません。

先制で有利な体勢なのは相手ですし、自分より力も身体も大きい相手というのは必ず存在するものです。

合気道胸取り二教では、掴まれている襟首ではなく身体の動きを使う体捌きを利用します。

まず、後ろに一歩下がります。

少し前重心で下がると次の動作に役立つのでほんの少し前を意識してみて下さい。

こうすると相手は前に誘導されます。




二の腕の力だけで身体全体が動くのを止めるのは難しいからです。

この時掴まれている襟と身体の間に隙間ができます。

ここで、相手の親指の付け根をこちらの親指で掴み、相手の手の平が天井を向くように回します。

すると手の甲がこちらを向きますので、二教の形に肩と胸の間で抑えます。

二教の形については合気道相半身片手取り二教(表)の記事を参照して下さい。

相手の手の甲から肘にかけてを「Z」の形にロックし、前重心から一度下に降ろします。

相手は関節がロックされている為、抵抗すると痛みがあるので体勢が崩れます。

ここで二教の表か入身転換をする裏の動きを行い相手を抑えます。

二教の表と裏についての詳細は、合気道相半身片手取り二教(表)の記事と合気道逆半身片手取り二教(裏)の記事を参照して下さい。

以上で合気道胸取り二教の流れは完了です。

2. 胸取り二教上達のコツ

合気道後胸取り二教上達のコツは何でしょうか。

コツは体捌きです。

自分が後ろに下がるとしたら相手も掴み続けたいので前に進みます。

この関係は協力となっているのです。

最初は争い関係でしたが、体捌きによって一時的な協力状態となります。

掴む為に前に進む相手は前進する力が働いています。

そこに重心を前に少し傾けて止まると、相手の手首には前進する力がダイレクトにかかるので相手は姿勢を崩すしかなくなるわけです。

以上、合気道経験者の考える胸取り二教上達のコツでした。




おすすめの記事