練習場所の選び方|サックスの基本

いざ「サックスを吹こう!」と思った時に、「どこで吹こうか」という問題に直面すると思います。

音の大きな楽器なので家で吹くと近所迷惑になるし、かといって遠慮して小さな音で吹いても楽しくありませんね。

まだ始めたばかりの初心者で人に聴かれるのが恥ずかしいという人もいるかもしれません。今回はそんな初心者の人でも気兼ねなく吹ける練習場所についてです。

1.音楽スタジオ

手っ取り早く快適な演奏環境で練習するなら音楽スタジオの利用です。防音環境を提供しているので、大きな音を出しても問題ありません。

「音楽スタジオって、バンドをやっている人たちが利用するものじゃないの?」と思うかもしれませんが、ほとんどのスタジオには個人練習制度があり、1~2名で利用する場合は通常の利用料金の半額など割安で利用することができます。

また、キーボードや録音機器も備えてあるので充実した練習が行えるのもメリットですので、自分の音を録音して聞き直すことも可能です。

駅周辺や都心部などにたくさんありますので、会社帰りに練習に行くこともできます。お近くの音楽スタジオを一度探してみましょう。

2.カラオケ

意外と知られていないのがカラオケの利用です。

通常であれば歌を歌う所なのですが、もともと大音量を想定した防音の個室ですので演奏することもできます。
音楽スタジオを利用するより料金も安く、混雑時でなければ好きな時間に練習できますし、深夜でも営業しています。

ただし、カラオケ店によってルールがまちまちですので、利用したいと思うお店に「楽器演奏は可能ですか?」と一度確認をとったほうがよいでしょう。
(お店によってはカラオケ以外での利用を禁止されていたり、条件がある場合などもあります)

3.ミュート(消音器)の利用

どうしても家で練習したい、という場合はミュート(消音器)の利用も検討してみてはいかがでしょうか。

サックスはベルからのみ音が出る金管楽器と違ってキーの隙間からも音が出ていますので、ベルの中にタオルを入れたりしても吹きにくくなるだけで音自体が軽減されるわけではありませんし、ベルにタオルを詰めることによって出にくくなる音もありますのでおすすめできません。




e-SAXというサックス専用のミュートの中に楽器を入れて演奏することで、通常演奏している時よりも音量が軽減されます。

4.防音室をレンタル・購入する

最近は防音室自体をレンタルしてくれるサービスが存在します。

月額料金制で、広さやレンタル期間によって料金は変わりますが、だいたい10,000円~20,000円くらいでレンタルできます。購入の場合は中古か新品かでお値段は変わりますが、だいたい100万円前後でしょう。

広さはサックスだと1人が立って入れれば演奏できますので、1畳用でも十分だと思います。
(座って演奏したい場合やピアノ・キーボードも入れたい場合はそれより広いほうがいい)
また、レンタルを長期間利用して販売金額相当分を支払うとそのまま購入できるシステムもあります。

ただ、大きいものですのでほとんどが組立品となり、返却時には別途解体費や運送料がかかりますので、最後までレンタルで使用するか、買取や購入にするかを考慮して決めたほうが良いと思います。
時間を気にせず自宅でじっくり練習したい、近くに音楽スタジオなどがないという人にはおすすめです。

5.河原・公園など

みなさんも一度は目にしたことがあるかもしれない、楽器練習によくある光景です。

屋外での練習は気持ちいいですし、大きな音を出してもあまり苦情がくることはないと思いますが、実は川などは風に乗って音が対岸にまで流れていきますので、川の大きさによっては近隣住民からクレームがくることがあるかもしれませんので注意です。

初心者のうちは「まだへたくそなので聴かれるのが恥ずかしい」という思いもあるかも知れませんが、自分が上達するためと割り切って、恥ずかしくない演奏になれるよう頑張りましょう。

6.車の中

これも意外と知られておらず、なおかつ車所有者のみとなりますが、車の中で練習されている人は結構います。
音が少々漏れても問題のない河原や公園などまで移動し、車の中で練習します。
車の中はある程度の防音効果がありますが、構えにくい、楽譜が見にくいなど座席で少し窮屈な思いはするかもしれません。

お金や時間など、ご自身の環境によって色々な選択ができると思いますが、「初心者だから恥ずかしい」は周りの人間からしたらまったく気にしていないものですので、まずは自分が楽しんで演奏できる環境を探してみましょう。




おすすめの記事