ショートターンの練習|スキーの滑り方

これまでスキーが上達するにつれ、さらなる高みを目指そうとネットで様々検索されたかと思います。

その中で上級デモスキーヤーの華麗な滑りもご覧になってきたかと思います。

カッコいいですよね~。

あんな風に滑りたい!!

そんな思いも感じられたかと思います。

高い目標はきっとあなたを上達への道に導いてくれますよ。

[br num=”1”]

1.ショートターンは意識した『操作』が必要

カービングスキーは、ある程度までは少しスキーを傾けるだけで、少し片方に体重をかけるだけでターンをしてくれます。

しかし、それだけでは限界があります。

早いターンを実現するには、こちらでスキーを『操作』してあげなければいけません。

ではどうしたらよいのでしょうか?

ショートターンは、ターンひとつひとつの滑走距離が短く、次に切り返すための反動をうまく利用しながら滑ります。

これにはいわゆる『ずらし』の力が必要になります。

かかとを押し込むことによって、スキーをドリフトさせるような格好になります。

それと同時にその押し込みによるたわみを利用してカーブし、その跳ね返しが次のターンに必要な押し込みの『ため』になります。

その繰り返しです。

[br num=”1”]

2.ショートターンの練習方法

ショートターンを攻略するには、かかとによるずらしの練習をしっかり行いましょう。

詳しくは『ずらしを意識した練習』にて詳しくお話します。




ここで難しくなるのが、ずらしが『ターンのための足掛かり』ではなく、『ブレーキング』になってしまうことです。

人間の心理というのは、歳を取れば取るほど恐怖心が芽生えてしまうことです。

余談ですが、子供の頃はちっとも怖くなかったリフトが、大人になれば怖くなることがあります。

子供と一緒に乗ればなおのこと、「万が一子供が落ちたら・・・」なんて考えると足がすくんでしまいます。

話をもとに戻します。

ターンは摩擦がかかりますので、ともすればスピードを急激に落としてしまいかねません。

ここがちょっとしたさじ加減なんです。

攻める意識だとスムーズなターンになってくれるのですが、「こわい!」と思ってしまうとエッジを立てすぎてしまい、スピードがぐんと落ちます。

そうなるとスキーが回りすぎますので、やはり思った通りにしかなりません。

とにかく経験を積むことが大切です。

まずは初級コースでずらしの練習からしっかり行いましょう。

上達してずらしの感覚がつかめてきたら、少しずつ傾斜をきつくしていきましょう。

慣れてくるごとに踏み込みの瞬発力を強くし、ターンのリズムを早くしていきます。

無理に回しすぎないように気をつけましょう。

ローテーションしないように、意識を谷に向けながら行っていきましょう。

ここが一つの壁ですから、諦めずに練習しましょうね!!




おすすめの記事