後ろ向きでスキーを滑るポイント

数年前に大きく取り上げられ、一躍話題となったファンスキーの代表的な技術として、後ろ向きに滑ったり、回転しながら滑ったりというような技術があります。

これは動画などで見ることができますが、自由にゲレンデを滑る様子は華やかです。
このような滑り方は、ファンスキーではなく通常のスキーでも可能です。

ではどのような練習をすることで後ろ向きに滑ることが可能となるのでしょうか。

後ろ向きの滑り方をするために必要な練習方法や、上達のためのポイントについて解説します。

1.スキーで後ろ向きに滑るためにはどうするか

では、スキーで実際に後ろ向きに滑るにはどのように練習するのがよいのでしょうか。

そもそも、後ろ向きになること自体に恐怖を感じることもあるでしょう。

しかし実は、後ろ向きに滑るときも前傾姿勢を保ち、荷重は外足にしておくことが最大のポイントとなります。

つまり、結局のところ通常の滑走やターンと変わらない方法で滑っていくことになるのです。

もちろん、後ろ向きで滑る以上、後ろ向きになる以前や滑っている最中に後ろを確認するのが望ましいでしょう。

また、ストックの構え方を誤ると滑走の邪魔になったりするようなこともあります。
このあたりも注意して練習することが重要となるでしょう。

2.後ろ向きで滑る際の注意点

スキーで後ろ向きに滑る際には、当然ゲレンデを見ながら滑ることができません。




そのため、斜面に障害物などがないかを時折確認しながら滑る必要があるでしょう。
また、狭いゲレンデの場合には、他のスキーヤーと衝突しないように注意する必要もあるでしょう。

他には、どうしても斜面の谷側に背中を向けることから、滑走中に後傾姿勢になってしまうことがあります。

こうなると、簡単に谷側に転倒してしまいますし、ターンもしにくくなります。

そのため、通常の滑走と同じかむしろ気持ちそれ以上に、前傾姿勢を維持するようにします。

このような点に注意して練習することで、上達していくことができるでしょう。

3.後ろ向きをやるための動作

もちろんゲレンデへの最初のアプローチの際に、最初から後ろ向きで滑り出すことはないでしょう。

通常滑走で斜面途中まで滑り、ターンを行ってから後ろ向きへ移行します。

ターンをして半円より深めの角度でターンを行い、そのままの勢いで谷側に背中を向けるようにします。

その場でジャンプして180°方向転換をするという方法もありますが、これはかなり難易度が高くなります。

また、どちらかというとエクストリームに属する技術です。

後ろ向きで滑る場合にも、ハの字で滑走することもできます。

通常滑走時とは異なり、逆ハの字を作ることで、制動をかけながら滑走することができます。




おすすめの記事