スキーでパラレルターン小回りが上達する練習方法

趣味であっても、アルペンスキーなどの競技であっても、スキーにおいて等しく必要とされる技術のひとつがターンです。

中でも、斜面を滑降中になるべく制動をかけないことによってスピードを落とさず、スムーズにターンする技術としてパラレルターンがあります。

スムーズなパラレルターンにおいては小回りの技術が欠かせないものです。

この小回りによるパラレルターンの練習方法を解説します。

1.パラレルターンの曲がり方を理解する

スキーにおいてターン技術は、すべての基礎となる技術であるともいえます。

ターンの方法には種類があり、プルークターンやシュテムターンなどが代表的です。

これらのターンとパラレルターンの技術の違いは、ターンの瞬間においての足への荷重が違います。

そのほか、エッジ、テールの開きの有無、膝の使い方にも違いがあります。

パラレルターンは板を並行にしたまま、エッジもテールも開かずにターンする方法です。

これはターン時に制動がかかるシュテムターンと比べ、素早いターンを展開できるということになります。

競技においてはややショートターン気味になることが多いのですが、趣味などでスキーを楽しむ場合にも有用です。

急勾配の坂を下る場合にはパラレルターンでスピードを殺さずにターンできるのは大きな魅力となります。

2.小回りのターンの際は内足重視が基本

パラレルターンの前に練習を行うシュテムターンにおいては、基本的にテールを開いてハの字になりターンを行います。

そのため、体重配分はやや均等に近くなります。

これによって制動がかかり、ターンしやすくなる一方、ターン時の速度が大きく失われてしまうのが特徴です。

これをパラレルターンでやると、ターン時の速度が落ちる上、斜面に対して身体のバランスを崩しやすくなります。




また、そもそもエッジが内側を向かずターンしづらくなります。

ターン時には内足をやや落として荷重をかけ、外足は斜面に対してソフトタッチ、内足に添える程度の体重配分を意識して練習します。

こうすることで、内足でスムーズなターンを決められるようになるため、パラレルターンの小回りも上達してきます。

3.荷重をかけるタイミングと強度にも注意

ターン時には内足に荷重をかけるのですが、このとき斜面に対して荷重をかけすぎることで、エッジの方向を制御できなくなっては、ターンができません。

また、できたとしても鈍角的なターンとなるため、小回りにならないという事態に陥ります。

荷重は、ターン直前からターンする瞬間にかけてタイミングよくかけ、腰を落としすぎないよう注意します。

ただし、かなりの斜度があり滑降スピードが出ている場合には、大きく荷重をかけないとかえって曲がりづらいことがあります。

そのため、自身の体重とフォームを確認しながらターンの練習を行うのがよいでしょう。

4.スキーでは後傾姿勢になるとターンできない

スキー全般において言えることですが、後傾姿勢は避けるべきです。

ターンはエッジ側が切り込んでテールが後から付いてくるという動作になるため、エッジ側に力が込められていないとターンができません。

しかしながら、パラレルターンの練習を始めたばかりの方などは、スピードが落ちないという恐怖心があります。

そのため、どうしても後傾姿勢気味になってしまう場合があります。

大きく前傾姿勢になる必要はありませんが、膝と足首に重心をおくよう意識するとよいでしょう。

より体重移動がスムーズになるため、小回りのターンの上達も早くなるでしょう。




おすすめの記事