ソロキャンプデビュー前にチェックしておくべきこと

はじめてのソロキャンプは誰しも不安になります。

そこで今回は初心者がソロキャンプデビューすることを前提に、ソロキャンプデビュー前のチェックリストを作りました。

1. ソロキャンプデビュー前のチェックリスト

キャンプはアウトドアスポーツではありませんが、と言ってもアウトドア環境で楽しむレジャーなので、自然を甘く見ていると痛い目に遭います。

アウトドアは何が起こるか分からないという事を肝に銘じてソロキャンプを大いに楽しみましょう。

1.ソロキャンプに行くことを知人に連絡したか

ハプニングが起こりやすいアウトドアでは、ネガティブなハプニングが起こることもあります。

キャンプでは1%以下の確率ですが、遭難や事件に巻き込まれることもないとは言えません。

複数で楽しむキャンプだとお互い助け合うことができますが、ソロキャンプだと自分だけが頼りです。

そのため万が一のことを考えて、キャンプ出発前に知人にソロキャンプに行く旨を伝えておきましょう。

2ティッシュとお水を持ったか

キャンプ場によっては、整備が行き届いておらず、トイレにティッシュがなかったり、全く水が出なかったりすることがあります。

これはかなり困ります。




最低限の量(トイレットペーパー1ロール、水2L×2本)はしっかりと持って行きましょう。
生活必需品は最低限持って行きましょう。

3.十分な食料を持ったか

キャンプ場の近くには、スーパーやコンビニなどありません。
あらかじめ準備しておかないと、空腹のまま一晩を過ごすことになります。

食料は少し多いくらい用意しておいてください。

4.テント、寝袋、マットを持ったか

キャンプ場でテント泊をする場合はテント、寝袋、マットは必須です。

すべてが揃って快適なアウトドアの休息が手に入ります。

比較的大きなキャンプ用品なので、見落とすことはないと思いますが、念には念をいれて最後まで確認しましょう。

5.ランタンを持ったか

アウトドアの夜は真っ暗なので、ランタンを忘れずに持って行きましょう。

光がないと、ただ1日中ボーっとしておくだけになります。

テント内で物を探そうと思っても光がないと探せません。

2. ソロキャンプデビュー前のチェックリストまとめ

いかがでしたでしょうか。

チェックリストの内容は基本的に「〇〇を持ったか」というリストです。

という事は、ソロキャンプでは重要な持ち物を忘れなければ、恐れることはありません。

基本的にソロキャンプでは、食、住が大事です。

食と住に関する持ち物は忘れないようにしてください。




おすすめの記事