ソロキャンプのパッキングのコツ

ソロキャンプでは、荷物運搬は自分一人なので「荷物をいかにコンパクトにまとめるか」が重要なカギになります。

1.ソロキャンプのパッキングのコツ~事前準備~

まずは、パッキングノウハウの前にいかにパッキングしやすいキャンプ用品を選ぶかが基本になります。

そもそも巨大なものをパッキングするのは無理があるため、まずはパッキングしやすいキャンプ用品を選んでください。

1.そもそも軽くて小さい用品を選ぶ

基本中の基本です。

軽くて、小さい用品、もしくは大きくても折りたためて収納できる用品を選びましょう。

ソロキャンプなので、大きさは必要ありません。

キャンプ用品販売店に売っている各ジャンル最小サイズのものをまず手に取ってみて下さい。

2.円形より四角形の物を選ぶ

収納しやすい形があります。

それが四角です。

四角は平方形なので、四角形の用品同士は隙間なくパッキングできます。

一方で例えば、円形の用品は角がないためおさまりが悪く、余分に隙間を作ってしまいますので、パッキングには不向きです。

四角形の用品を選んでください。

2. ソロキャンプのパッキングのコツ~実践~

それではパッキングの実践編です。

パッキングノウハウを紹介します。

1.リュックに外付けできるものは外に

これは意外に落とし穴なのですが、アウトドア用リュックにはたくさんのヒモがついています。

これは、リュックにキャンプ用品を括り付けて持ち運ぶ用についています。




テントやシートなど大きなものは外付けがおすすめです。

※ただし、雨でぬれても問題ない用品にしてください。

2.柔らかいいものはキャンプ用品の中に

柔らかいものは鍋やクッカーの中に入れて収納しましょう。

食品に多いと思いますが、卵や生野菜、お魚などは、他の荷物に押しつぶされて潰れてしまいます。

そのため鉄製のキャンプ用品の中に入れて、潰れないようにするのが吉です。

収納できるし、守ってくれるので一石二鳥です。

3.大きなものから先に入れる

収納しやすいように大きな用品から先にパッキングしましょう。

小さいものは大きいもの同士の隙間に収納ができたりします。

小さいものを先に入れると効率が悪いので、まず大きなものから。

4.ウエストポーチを活用する

リュック意外にウエストポーチを活用すると荷物の取り出しがかなり楽になります。

財布や携帯、お水やお菓子など取り出し頻度が高いものはウエストポーチにしまってすぐ取り出せるようにしておいた方がスムーズです。

3.ソロキャンプのパッキングのコツまとめ

ソロキャンプを楽しむにはいかに効率よくパッキングするかが重要です。

一部のアウトドア用リュックは、よく見ると収納用の小さな仕切りがあったりして、パッキングしやすい構造になっていたりします。まだリュックを購入をしていない方は店員さんにパッキングしやすいリュックを聞いてから購入するのもありです。




おすすめの記事