短刀取り突き肘極めのやり方とコツ | 合気道の上達法

今回は合気道の短刀取り突き肘極めについて紹介します。

護身術としても有名な合気道ですが、合気道の短刀取り突き肘極めは現実では人生において最も起きてほしくない状況かもしれません。

この状況で考えられるのは確実に生命に関する危機的状況にある、という事実です。

刃物を持った相手と対峙する事などあってはなりません。

実際にそのような兆候が見えた時点で即座にその場から逃げ出す事を念頭において下さい。

どうしても逃げられない時に、生存率を高める為に稽古を継続するのが吉です。

合気道短刀取り突き肘極めではこの危機的状況を打破します。

どのような術理でなされるのか、ポイントを紹介していきます。

1. 短刀取り突き肘極め

合気道短刀取り突き小手返しは逆半身の状態から始まります。

刃物を持った相手を懐に入れる事は死を意味しますので相半身では行われていません。

前に出した手足が相手の邪魔をする逆半身の利点を最大限に利用しましょう。

この稽古では相手は一歩大きく進みながら短刀を中段に突き出してきます。

中段に突き出されてきた短刀を入身転換にて躱します。

あまり早く躱すと相手は躱した方向に進行方向を変えてきますので、その時点で技は失敗します。

前の手と目安に相手を引き付け、打突の瞬間に相手の目前からいなくなるイメージで身を躱しましょう。

躱すと同時に、相手の短刀を持った手を前に出していた手の親指で相手の小指の付け根を持つようにして持ちます。

前に出していく相手の力に対して手を掴みながら外側への力を加える事で、相手の腕を自分の前に持っていきます。

ここまでの流れは短刀取り小手返しと似ています。

小手返しについては、逆半身片手取り小手返しを参照して下さい。




技の最後に行う残心となる抑えですが、合気道短刀取り突き肘極めでは通常の小手返しとは少し違います。

短刀を持った危険な腕を離すことなくそのまま押さえ込むという流れが加わります。

まず相手の小手を取った手を小手返しとは逆方向にひねっていきます。

捻りに抵抗されたら小手返しに移ってしまいましょう。

相手の意表をついて体捌きを行い流れるように動作を行えれば相手の手は伸びています。

小手を取ったまま捻り続けると相手は逆関節の状態となります。

ここで、自身の肘を使って相手の肘をさらに圧迫し肘関節を圧迫していきます。

曲がらない方向にロックされる訳ですから相手は抵抗すると痛みを伴いますので上には起き上がれず体が崩れていきます。

相手の身体は下で腕が伸びたまま捻られて上に上がっている状態で肘極めとなります。

残心では短刀を離させなければなりません。

握った小手へ加える力を工夫して短刀を離させます。

力の工夫についての詳しい解説は、合気道短刀取り突き小手返しの記事を参照して下さい。

以上で合気道短刀取り突き肘極めの流れは完了です。

2. 短刀取り突き肘極め上達のコツ

合気道短刀取り突き肘極め上達のコツは何でしょうか。

上達のコツは小手返しと同じく体捌きです。

相手の肘関節が伸びている状態でないと肘極めは効果がありません。

実際に真剣に稽古をするとかなり恐怖を感じます。

というのも短刀を想定した小刀の模擬刀ですら当たると怪我に直結だからです。

私が稽古していた道場でも短刀取り稽古の中で流血がありました。

相手が目的の達成を考えた時に体捌きをする事で意表をついて技を仕掛けましょう。

以上、合気道経験者の考える短刀取り突き肘極め上達のコツでした。




おすすめの記事