後ろ両手取り腰投げのやり方とコツ | 合気道の上達法

今回は合気道の後ろ両手取り腰投げについて紹介します。

この技では受手側に落差がありますので注意して稽古してみて下さい。

一見すると柔道の投げの様に見えます。

しかし、各所に合気道らしさが目立つ技です。

後ろ両手取りという不利な状況からどの様にして逆転するのか、読んでみて下さい。

1. 後ろ両手取り腰投げ

合気道後ろ両手取り腰投げは相手に後ろから自分の両手を掴まれている状態から始まります。

映画やドラマで見ることもあるかもしれません。

正直に申しますと通常であれば、その時点で身動きは取れないものと考えて下さい。

しかし、合気道後ろ両手取り呼吸投げはこの状況を打破します。

どのような理屈で成り立つのかのポイントを紹介していきます。

当然ながら腕の力でなんとかなる事は絶対にありません。

後ろ両手取りで重要なのは相手と戦うのではなく協力関係を作ってしまうという技法です。

まず重要なのは腕を上に捻りあげられているという状態の打破です。

状況打破の為に必要なのは手を伸ばす事です。

上に捻りあげられたままでは自由は全くありません。

人間の自然な姿勢とは手を下に降ろしまっすぐリラックスして立っている状態です。

この状態にならなければ次の状態には移行できません。

掴まれている腕を降ろす動作にはコツがあります。

筋肉で何とかするのではなく、「腕を伸ばす」のです。

まず肘を曲げます。

肘を曲げて手を下に伸ばす事を意識して下さい。

自然の動きとなる関節を伸ばす力を利用するのが良いです。

両腕を上に上げられていた場合などでも同じです。

肘を曲げる動作で相手との距離を詰めます。

前後どちらに動いても構いませんので腕を伸ばせる姿勢をとる事が大事です。

手を伸ばすことに成功したら次は自分の動きを相手に伝えます。

後ろ両手取りの場合、相手はこちらの手首付近を掴んでいます。

この状態から相手の脇を開けて力を入れられなくする必要があります。

当然ここも力で行うのは非常に難しいです。




力任せにやろうとしたら相手にまた元の姿勢をとられてしまいます。

ここも呼吸法を使っていきます。

まず、持たれている手を手の平を上にして肘を曲げます。

二の腕の筋肉では曲がりません。

あくまで関節を曲げる事を意識して下さい。

少し手を外側に向けて手を広げるとやりやすいかもしれません。

大きなボールを抱えている様な手の形となります。

合気道後ろ両手取り腰投げはこの形から行います。

まず自身の半身の構えで前に出ている足と同じ側の手を上に伸ばします。

この動作で相手は身体の片側が吊り上がった状態になり力が全く入りません。

ここからもう片方の手も上に伸ばします。

相手は万歳の様な状態です。

脇は完全に開いています。

その後、相手を片側の肩に乗せる様なイメージと言いましょうか、自分が相手の後ろ手の脇をくぐる様な形になる様に身を横に向けます。

そして、横に向いた身体の正面に来る様に手を振り下ろします。

この動作をすると、手をしっかり握っていた相手は上に吊り上げられた後に、自身の身体が前のめりに倒れる事になりますが、その際に取手の腰が引っかかります。

引っかかった腰が取手が横前に向きなろる動きと連動する為、腰の周りを回る様にして投げれてしまいます。

以上で合気道後ろ両手取り腰投げの流れは完了です。

2. 後ろ両手取り呼吸投げ上達のコツ

合気道後ろ両手取り呼吸投げのコツは何でしょうか。

重要なのは手を伸ばすという最初の動作です。

言われてすぐ出来たら私も全く苦労しません。

既存の力の使い方にとらわれているままでは全く出来ないはずです。

しかし、私達は手をのばすというこの動きをごく自然に行っています。

ものをとる時、自然に立っている時、しゃがむ時、立ち上がる時。

全てでそれらの動作は出来ています。

相手に手を掴まれているという緊急事態に自然な動作をしなければならない訳です。

なるべく力を使わずに動作を出来るように稽古をしてみて下さい。

以上、合気道経験者の考える後ろ両手取り腰投げの上達のコツでした。




おすすめの記事