横面打ち入身呼吸投げのやり方とコツ | 合気道の上達法

今回は合気道の横面打ち入身呼吸投げについて紹介します。

呼吸投げは合気道にだけある特殊な技です。

合気道の呼吸法は人が毎日する呼吸を力として考え、力の伝達と自分の中の力のあり方を学ぶ稽古です。

合気道横面打ち入身呼吸投げは道場によっては習うことはないかもしれません。

呼び方が違う場合もありますし、呼吸投げという技を使うか使わないかもあると思います。

1. 横面打ち入身呼吸投げ

合気道横面打ち入身呼吸投げは相半身という鏡写しの状態から始まります。

この技では刀の理合いを使用しています。

横面打ちは刀による袈裟斬りの動きと似ています。

上から斜めに切り落としてくる相手に対し、こちらも獲物を持ち鍔迫り合いが行われている様な形です。

斬り結んだ際の攻防を想定していますが、これは相手の攻撃の所作がフックの様なパンチというものへも応用出来ます。

横面打ちは相手と相半身で立ち会った状態から始まります。

横面打ちに関しての詳細については横面打ち四方投げ(表)の記事を参照して下さい。

袈裟斬りの手刀を打ってくる相手に対してこちらも袈裟斬りの形で入身します。

時代劇やアニメのシーンで何度も見たかもしれません。

切り結ぶ際に相手の手の平を上に向かせる事も横面打ち四方投げ(表)と同じです。

合気道横面打ち入身呼吸投げではここから少し変化します。

横面打ち四方投げでは相手の手を自分の前に誘導しました。




この誘導の動きは刀を自分の外側へ薙ぎ払う手の動きと同じです。

刀を持っているとしたら、柄を持つ手は上を向き、鍔に近いては下を向いているはずです。

四方投げではこの薙ぎはらった手についてきた相手の手をくぐる様な形で体捌きを行いました。

合気道横面打ち入身呼吸投げでは、ここからが違います。

相手の手を誘導できたとしたら、相手は自分の横にいます。

そこから相手の背面に近い側面に入身し、空いている手の肩と肘の隙間を相手の顎下に差し込みます。

相手は自身の手を前に誘導されながら顎下に障害物があるため仰け反っていきます。

その結果相手は後方に倒れる事となります。

相手に反撃や姿勢を直す隙を与えない為にも、投げれるように呼吸を合わせて行う事が重要です。

以上で合気道横面打ち入身呼吸投げの流れは完了です。

2. 横面打ち入身呼吸投げ上達のコツ

合気道横面打ち入身呼吸投げのコツは何でしょうか。

重要なのは相手の手の誘導です。

横面打ちを捌いた際に、少し相手の手に下への力をかけてみて下さい。

稽古をする気がある相手ならば刀を下に押さえつけられていると仮定し、はね退ける為に上に力をかけてきます。

その力を斜め上に薙ぎ払う事で誘導していくわけです。

この薙ぎ払いで行う崩しが出来ていないと全く技が上達しません。

形ではなく本当技をかける為に力の繋がり合いには気をつけて稽古をしてみて下さい。

以上、合気道経験者の考える横面打ち入身呼吸投げの上達のコツでした。




おすすめの記事