バットマン・デヴェロッペのやり方 | バレエの基本のバー・レッスン

ゆっくりしたテンポの曲で、自分の身体をじっくり使うのがアダージオ。

アダージオのアンシェヌマン(2種類以上のパを組み合わせた一連の動き)でほぼ必ず登場するのがデヴェロッペです。

1.バレエのバットマン・デヴェロッペとは

デヴェロッペとは、仏語developpe、英語では(to) developにあたり、(~から~に)発展させる、広げる、という意味の単語です。

バレエ用語としてのデヴェロッペは、パッセを経由して前・横・後ろに脚を伸ばしきる動きを指します。

つまり、バットマン・デヴェロッペは、ルティレにあげた脚を伸ばす動きということです。

デベロッペはアダージオの動きでゆっくりのテンポで行い、特につま先が伸びきるところをゆっくり行います。

デヴェロッペは、柔軟性と筋力・それらをコントロールする能力・バランス感覚、全てを必要とする、とても高度なパの一つです。

そのため、脚が上がらない・上半身が反ってしまう・足先まできれいに伸びきらせることができない・上半身が伸びやかに使えない、などの悩みが多いです。

デベロッペのやり方と、上手に行う方法について、見ていきましょう。

2.バットマン・デヴェロッペの方法

最初5番のポジションからパッセするときは、床を拭うように動足指を使って足首クッペのポジションへ、その後つま先で軸足をなぞるように動かします。膝と踵はターンアウトです。




ルティレから脚を伸ばしていくとき、膝の位置を下げないようにします。脚を高く上げることよりも、しっかりと伸ばしきることに重点を置いてください。

この時、脚を高くキープするために他の部分を犠牲にしてはいけません。上半身を反ったり曲げたりするなどによって脚の高さを保とうとしないということです。

脚を完全に伸ばしきってから、下ろし始める動きに移ります。バットマン・タンデュで5番ポジションに戻します。

最初から最後まで呼吸は止めず、息を吸いながらパッセし、息を吐きながら足を伸ばします。

このデベロッペには様々なバリエーションがあります。

そのうちの一つ、バットマンデベロッペ トンベ パドブレ ピルエットはセンターでよく出てくるので合わせて覚えておきましょう。

右足を前にデベロッペして軸足はドゥミポイントで立ち、全体重を上げた足の深いプリエと共にのせ、落とします(トンベ)。

この時左足は床にポイントで伸ばし、すぐに右足に寄せていきます。

パドブレで右足前5番から2番にして、左足前4番に足の前後を入れ替えます。

4番プリエで右回転のピルエット、ポーズで一つのアンシェヌマンになります。

デベロッペで脚を遠くに放り投げるように、なるべく前につくように動くと大きな動きになります。

パドブレピルエットなどでは、あまり進まないパなので、デベロッペの1歩を大切に大きく動いてみると上手に見えるでしょう。




おすすめの記事