転び方| フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートとはもしかしたらよく転ぶスポーツなのかもしれないです。 滑り始めて間もない頃は氷やスケート靴に慣れていないということで、体のバランスを取るのが難しく、自分の滑りを制御できなくてよく転ぶことでしょう。

そして少し慣れた頃にはコーチについて習います。そうした頃になるとジャンプやスピンやステップ、特にジャンプにおいては頻繁に転ぶことでしょう。

1.転ばないための注意点

どのような転び方が良いのでしょうか。転び方と言うよりも転ばないようにすることが、先かもしれません。

まずスケートを始めたばかりの場合なら スケート靴をしっかり履くことで少しは転ぶ回数が減るかもしれないです。よくスケート靴を履いた状態で中や外など、大きく傾いている場合があります。

2.始めたばかりの頃の注意点

始めて間もない頃で注意したいのは、やはり無理なスピードの出しすぎで転んでしまうことでしょう。スピードが増すほど転んだ時の衝撃は大きいので注意したいところです。

また転ぶことを前提として、ヘルメットまたはニット帽の着用、そして手袋は必ず付けてください。転ぶときは出来るだけお尻から両手を使ってすぐ立ち上がりましょう。いつまでも座っていると後ろから来た人にひかれるかもしれませんし、他の人の邪魔にもなります。




3.レッスンを受ける様になった頃の注意点

また少し練習を重ねてコーチなどに習い始めた頃は ジャンプやスピンやステップなどを習います。 中でも一番よく転ぶのがジャンプだと言えるでしょう。 転ばないためにはなるべく陸でしっかり練習をすることをお勧めします。
この場合もやはり前で転ぶのはさけたいところです。 お尻や少し横で転ぶのが良いでしょう。あまり頻繁に転んで痛いようなら サポーターをすることをお勧めします。

少し動きづらくはなりますが、同じ個所を何度も打つとよくありません。転んで打った場合は出来るだけ早めに、ビニール袋などに氷を入れてその場所を冷やすようにしてください。
市販ではアイシング用袋があります。

スピンは種類によってはほとんど転ぶことのない物からそうでないものまで様々ですが、基本片足で回りますのでもう片方の足で踏ん張ることが可能でしょう。

また、コーチに習う場合は的確なアドバイスをもらえると思いますので、怪我をしないように、また体調には十分注意して練習しましょう。

また練習する前には必ずストレッチなどを十分して 転んだ時のため、或いは上達するために必要なので しっかりと行うように心がけてください。また陸上でのトレーニングも氷上での上達につながりますので手を抜かないでしっかり行いましょう。




おすすめの記事