フォアとバックのクロス | フィギュアスケートが上達する練習方法

フィギュアスケートでは大きな円を描くように足を交差させながら滑って行くものをクロスと言います。前に滑るのがフォアのクロス、後ろに滑るのがバックのクロスです。

フィギュアスケートのクロスを滑るのはさほど難しくはないでしょうが、スピードを出して綺麗な深いエッジで滑るのは少し難しく、時間をかけた練習が必要です。ではどのようにすれば、このクロスが上手になるのか考えてみましょう。

1.フォアのクロス

フィギュアスケートのフォアのクロスは名前の通り前向きに滑り、足をクロスさせて滑ります。 まず時計と反対周りの場合、前向きで右足をクロスさせながら踏み変えていき、円を描いていく滑りです。 左のアウトサイドで滑って体重を左足に乗せます。 右足で押した後、右のフリーレッグはしっかりと後ろに伸ばし左足のアウトサイドで滑っていきます。

左足の膝と足首を曲げながら右足を前に引き寄せ、滑っているスケーティングレッグの膝を曲げたまま右足を前に出して行きます。 右足を左足の後ろでクロスし、右のインサイドで反時計回りに滑って行きます。その時円の外側に押し出した左足はしっかりと伸ばします。

お置き換える時に一番膝や足首を曲げる必要があり、低姿勢となります。足を変えた時にしっかり氷を押して、深いエッジの傾きを保ったまま滑っていきましょう。 また反時計回りの時、両手は円上に広げ右手が前、左手が後ろとなります。 そして目線は必ず前方少し外側です。出来るならば少し上を向いて滑りましょう。

また反時計回りはよく練習する方ですが、時計回りである逆回りもしっかり練習する必要があります。




上手になるポイントは膝足首をしっかり曲げることとエッジの傾きです。深いエッジに乗ることと滑っている正しい姿勢が大切です。前のめりになる、足を踏みかえるたびに上体が前後するなどぶれるなどはよくありません。

2.バッククロス

フィギュアスケートのバッククロスはフォアクロスの逆で後ろ向きに滑ります。 左足のインサイドから右足のアウトサイドで反時計回りに滑ります。右足に体重を乗せていきながら左足のインサイドで氷を押していく感覚を強く持ちましょう。そして左足を前足の横後ろでクロスさせ、体重は左足に乗せ右足のアウトサイドで氷を押して行きます。

左足の膝を伸ばしながら、右足を押し出すように抜いて行きます。抜いた足は左足の横に肩幅程度の間隔を置いて氷に起きます。 体重を右足のアウトに右足に乗せていきながら右足のアウトサイド、左足のインサイドのバッグで滑っていきます。

この時両手は大きく円状に置き、体に対して右手が後ろ、左手が前です。 視線は右手より少し上の方を見ましょう。進行方向を見ているのがよいでしょう。肩は余計な力を入れないようにしましょう。

バッククロスを滑る時のポイントは膝足首を使った低い姿勢と深いエッジの傾きです。もちろん両手をしっかり伸ばし正しい姿勢で大きく滑りましょう。またフォアのクロスと同じように逆回りもあります。両方練習してしっかり滑れる様になりましょう。

どちらも最初のうちは足を入れ替えるところが一番難しいでしょう。何度も根気よく練習し、スムーズな動きでしっかり滑れる様になりましょう。

またエッジの傾きなどは最初のうちは難しいと思いますが、氷上で難しければ陸上で壁や手すりなどを使って、少し傾いている状態をイメージしながら練習すると良いでしょう。




おすすめの記事