アサルトライフルのカスタム|サバゲー初心者に伝えるカスタム要素

サバゲー初心者の方にとって、アサルトライフルのカスタムって幅が広いので迷うと思います。

今回は、「アサルトライフルのカスタム|サバゲー初心者に伝えるカスタム要素」を紹介していきます。

1.アサルトライフルのカスタム

サバゲー初心者の多くは最初に選ぶ銃としてサブマシンガンかアサルトライフルの方が多いです。

アサルトライフルはサブマシンガンよりも大きいですが、サバゲー初心者でも問題なく、扱えるものでカスタム要素も他の銃の種類よりも豊富です。

外部カスタムはもちろん、内部カスタムも電動ガンのものが多いので、かなり多くのパーツが出回っているのが、アサルトライフル系のいいところです。

それでは次にサバゲー初心者でもできるアサルトライフルでのカスタム方法を説明していきます。

1.外部カスタム

外部カスタムの場合が、基本的にはレールシステムを用いたカスタムがベースとなります。

その際に、銃身部分にレールシステムがない場合は、別途、レールシステムを取り付ける必要があります。

またスコープやドットサイトなどのアクセサリーを付けすぎると、銃全体の重量が重くなりますので、注意しましょう。

2.内部カスタム

内部カスタムの場合は、電度ガンの多いアサルトライフル系は内部カスタムはかなり多様になります。




また海外製のものは必然的に内部カスタムが必要になってくるので、サバゲー初心者には最初の銃としてはおすすめできません。

ですが、近くにカスタムチューンが可能なショップがあるのであれば、一度、相談するのもいいですし、そのショップで売っている銃を買って、チューンしてもらうのもアリです。

サバゲー初心者のうちは内部カスタムは、ショップに任せたほうが無難です。

2.外装も変えることができるのがアサルトライフル

アサルトライフルを使う方の中には、外装を迷彩に塗装する方がいらっしゃいますが、基本的に電度ガンでやる場合は、面倒です。

可動部の保護や塗り残しがないように、満遍なく吹き付けるので乾くまでに時間もかかります。

私自身は塗装はしたことはありませんが、知人の話では機関部にかかると面倒になると言っていたので、塗装はガスガンのほうが楽と言っていました。

また内部カスタムをするときは、他の銃同様一部ではなく、基本的に全てのパーツを入れ替えることを覚えておきましょう。

メカボックスは、一度、分解するとメーカーの対応ができないので、基本的にはメカボックスを壊してしまったら代替え品のメカボックスを探すか同機種を買って取り付けるしかありません。

以上のリスクを踏まえたうえで、サバゲー初心者の方はカスタムを楽しんで、安全にサバゲーをできるように、カスタムに工夫を凝らしていきましょう。




おすすめの記事