アタッカーの役割と向いている人 | サバゲーのポジション

サバゲーをやっている中でポジションというのは特に決まっていませんが、アタッカーとそれ以外に自然とチームで役割が分かれていきます。

初心者の方で自分の戦闘スタイルがわからないという人も多いと思います。

そこで、「アタッカーの役割と向いている人 | サバゲーのポジション」を紹介していきます。

1.アタッカーの役割

サバゲーにおけるアタッカーの役割はゲーム内容によって変化していきますが、基本的には相手チームに攻撃を仕掛ける役割と考えていいです。

サバゲー初心者の方は最初に、この役割を経験することがほとんどですので、これでサバゲーの経験値を積んでいきます。

アタッカーはサバゲーをする上で、重要な役割の一つでチームの要です。

ゲーム内容によっては全員アタッカーなんてこともあります。

次に、サバゲー初心者の方で自分がアタッカーに向いている人と戦い方を説明していきます。

1.向いている人

アタッカーに求められるのは、体力と持久力です。

攻撃を仕掛ける役割の人は、ゲーム中、結構走りまわったり、前進と後退を繰り返すことが多いです。

また、チームの連絡係として他のポジションの人に戦況を伝える役割もあります。

なので、身体を動かすのが好きな人は、このポジションに向いていると思います。




2.戦い方のコツ

アタッカーは持久力やチームの連携が不可欠です。

アタッカーの特性として、最前線を動き回ることが多いので、攻撃を仕掛けつつ、味方と連携して前進していきます。

この時、戦況を把握するために各所で連携して前線維持、進軍をしていくのですが、連携がうまくいかないと、一か所が陥落したとき、そこから前線が崩壊していきます。

そうならないための戦い方としては各所の前線状態を把握して必要に応じて援軍に行ったり、求めたりして前線維持しつつ味方と連携をすることがアタッカーの戦い方のコツです。

2.ポジション決めは自発的

冒頭でも言ったように、サバゲーをする上で最初からポジションというのは決まっていません。

しかし、ゲームで勝ちたいと思った時は戦略を練り、役割を決めて、勝つための布陣を敷かないとなかなか難しいです。

ただ、このポジションというのは強制されるものではなく、スタート前の味方の会話を聞いて、今回はこのポジションで行こうなど、自発的に行動することが多いです。

そんな中でアタッカーというのは最も重要であると同時に、やりやすいポジションといってもいいでしょう。

サバゲー大事なのは、勝つこともそうですが、周りの方を不快にさせずに楽しくプレーすることが大前提ですので、お互いに配慮してゲームをしていきましょう。




おすすめの記事