後ろ廻し蹴りのやり方とコツ | テコンドーが上達する練習方法

上段への後ろ廻し蹴りはテコンドーを学ぶ方だけでなく、多くの格闘技ファンから断トツの人気を誇る華やかな蹴りです。

華麗なだけでなく、KO率も高い後ろ廻し蹴りを貴方も身に付けてみませんか。

1. 後ろ廻し蹴りの基本的な蹴り方とポイント

後ろ廻し蹴りは回転の力を利用しているだけに威力が非常に高く、こめかみや顎をピンポイントで蹴り抜けば即相手をKOできるほどの威力を秘めています。
熟練者の後ろ廻し蹴りは背中を向けた瞬間に蹴り足が襲い掛かってくるため、初動さえも捉えにくいです。

今回は後ろ廻し蹴りの練習方法と巧く使いこなすためのコツを解説します。

1. 後ろ廻し蹴りは後ろ蹴りと掛け蹴りの融合技

後ろ廻し蹴りは難易度の高い技として多くの方が「敷居が高い」「私には難しいかも…」と高嶺の花のように考えてしまいますが、実は二つの技に分解して練習すれば意外にも上達が早まります。

後ろ廻し蹴りの動作は「後ろ蹴り」と「掛け蹴り」の組み合わせでできています。つまり、回転して掛け蹴りを蹴る事ができれば後ろ廻し蹴りができるのです。こう考えると「私にもできるかも」とハードルが低くなりませんか。

まず上段後ろ蹴りを相手の顔面の横10~20cmを狙って蹴ります。回転の動作は後ろ蹴りと全く同じで膝を横に抱えることなく、コンパクトに鋭く回転しましょう。蹴り足の親指が軸足の膝を掠るくらいでちょうどいいです。

次に後ろ蹴りを伸ばした地点から「膝が自然に折りたたまれる動作」を使って、こめかみもしくは顎を振り抜きます。掛け蹴りの動作と同様に足先だけの力で蹴らないようにしましょう。あくまで筋肉の伸張反射を使います。

後ろ廻し蹴りは「後ろ蹴りと掛け蹴りの組み合わせ」もしくは「後ろ蹴りに伸張反射を加えた技術」だと考えると非常にわかりやすく、感覚的にも掴みやすくなります。

2. 軸足を浮かせて蹴る練習

後ろ廻し蹴りを含め、回転技はカウンターとして相手の蹴りをかわしながら合わせるのが基本です。そのためには相手の攻撃に生じる一瞬の隙を突くスピードが要求されます。

後ろ蹴りも後ろ廻し蹴りも練習では軸足を地面に付けて綺麗に回転しますが、実際の試合では軸足を地面につけた蹴り方だと回ってから蹴るという二挙動の動作になり、蹴りの到達が非常に遅くなります。

そこで軸足を地面から浮かす事で一挙動で蹴る練習を取り入れましょう。テコンドーのステップでは回転スイッチというものがあります。これは左右の足を入れ替えるスイッチを後ろ足を背中側に送り、前足を後ろ足の位置まで持ってくることで回転しながらスイッチを行う動作です。

この回転スイッチこそ、後ろ廻し蹴りのスピードアップ、そして軸足を浮かす蹴り方の基礎になります。

まず右足で蹴る場合は左足前に構え、左足を後ろ足の位置に持ってきます。そうすると自然と背中を向ける形になりますのでその瞬間に右足をまっすぐ上段まで持っていきます。




この時重要なのはあくまでも足を入れ替える事です。自分から飛んではいけません。足を入れ替えると回ってから蹴るのではなく、背中を向けた瞬間には足が出ている状態になっているので回るよりも格段にスピードが上がります。

2. 後ろ廻し蹴りの実戦運用

さて、上記では後ろ廻し蹴りの基本とコツについて説明しましたが、今度は実際に試合で使うためのポイントについて説明します。

後ろ廻し蹴りの基本は後ろ廻し蹴りですので、いかに相手の攻撃の隙を捉えるかが重要になってきます。これで貴方も後ろ廻し蹴りマスターです。

1.相手が前に出てきた瞬間をとらえる

後ろ廻し蹴りを蹴る最も適切なタイミングはいつでしょうか。それは「相手が前に出てきた瞬間」です。相手が前に出る瞬間というのは攻撃に意識が行くあまり、防御の意識が希薄になりがちです。攻撃を仕掛けようと前に出てきた相手の上段へ後ろ廻し蹴りを蹴り込む事でKOに繋がりますし、仮に外しても相手の接近を防ぐバリヤーにもなります。

相手のスピードが速い場合は、上記のコツで解説したように背中を向けた瞬間に蹴りましょう。相手が来ると感覚で察知した瞬間にはすでに蹴りが出ているのが理想です。

2. 自分の間合いに誘い込んで後ろ廻し蹴り

次は自分の蹴りが速い場合です。この場合は相手がきた瞬間を狙っても空振りしてしまい、無防備な中段をさらす事になってしまいますので工夫が必要です。

相手を自分の間合いにある程度引き付けてから蹴りましょう。この時のコツですが前足や胴への突きを使った心理的なテクニックがあります。

まず、前足の横蹴りや廻し蹴りを蹴ったら、すぐに引いてバックステップで距離をとります。そしてわざと一瞬止まります。止まった相手にはつい攻撃を仕掛けたくなりますよね。そして前に出てきた相手を自分の間合いに引き付けた瞬間を狙って蹴ります。

前足の蹴りが難しい場合は胴への突きで攻めても構いません。ちなみにこのやり方は空手でも使えます。コツは引いて距離を取った後、一瞬止まるときに「止まりながらもいつでも蹴る事ができるような準備を整えておく」事です。

難易度の高い後ろ廻し蹴りもこのやり方なら命中率も大幅に上がりますし、テコンドーでは後ろ廻し蹴りが上段に決まった場合4ポイント獲得できるので、劣勢に追い込まれても逆転勝ちできるチャンスが秘められています。

以上がテコンドーにおける後ろ廻し蹴りの練習方法とコツ、敷居の高い技と捉えられがちですが、「後ろ蹴りと掛け蹴りの組み合わせ」と考えると上達しやすくなりますし、試合で使うにしてもタイミングを感覚で掴む事ができれば必ず当てられるようになります。地道に練習して精度を高めていってください。
ご清聴ありがとうございました。




おすすめの記事