スピンネットの打ち方 | バドミントンのサイド/アンダー系ショット

バドミントンのスピンネットとは、シャトルに回転をかけて相手コートへ返すショットです。

シャトルの動きが不規則になるので、コルクが下を向いて落下し始めるまで相手は何もできないショットです。また通常のヘアピンと異なり回転をするため、ゆっくりと落ちるので相手のタイミングを狂わすこともできます。

今回はバドミントンのスピンネットの打ち方について説明していきます。

1.フォアサイドのスピンネットの打ち方

フォアサイドのスピンネットを打つ場合、外側から内側へ切って打つ場合と、内側から外側へ打つ2種類とあります。

スピンネットを打つ前提として打点が高いことがひとつの条件です。打点は目線の高さに合わせましょう。打点が低いとネットを越えずシャトルも回転しません。

ラケットの面でシャトルコルク部分の曲線をなぞるように打って、押し出すイメージでラケットを動かしましょう。

一般的にストレートで飛んできた場合はコート外側から内側に向かってラケットを振ります。クロスで飛んでき場合はその逆で、内側から外側に向かって打ちます。これは飛んでくるシャトルの慣性運動と逆方向に打つことで、コートアウトを防ぐためです。

2.バックサイドのスピンネットの打ち方

バックサイドのスピンネットですが、フォアサイドと打つコツは同じです。シャトルのコルク部分をこするように、打ちます。




バックサイドの場合はストレートで飛んできたシャトルはコート内側から外側へラケットを振りぬきます。クロスで飛んできた場合はコート外側から内側へラケットを振りぬきます。フォアサイドと逆になりますので注意してください。

バックサイドだとサムアップグリップで打つことになるので、ラケットの面作りや角度の調整がやりやすく感じられます。まずは、バックサイドで感覚をつかむとよいです。

ここまでに記載したスピンネットの打ち方はあくまでも一例です。練習の中で自分が一番スピンをかけやすい打ち方を探してみてください。

スピンネットへの対応

それではスピンネットを打たれた場合はどう返すのがいいかを少し書いていきます。特にシングルスで打たれることが多いスピンネットですが、返し方は2種類になると思います。

1つはストレートヘアピンで返すかクロスネットで返すことです。シャトルの軌道が安定していないので無理にロブでコントロールして返そうとしても、思った通りに飛んでいかないことが多いです。

2つめはストレートに高くロブを打ち上げることです。ネットに引っかかりながら落ちてきた場合は、可能な限り高く打ち上げるしかありません。レシーブ姿勢を取って相手のアタックに備えるのが一手だと言えます。

バドミントンの試合は相手との駆け引きが重要になってきます。必ず打てるようにならなければならないスピンネットですが、こういうショットもあるということを覚えておいてください。




おすすめの記事