ブレイクダンスに大切なのは「オリジナリティ」です。
ダンスは自分を表現する場なのですから、単純に技を繰り出す。他人の技を真似するばかりでは、表現出来ているとは言えません。

常にオリジナリティを探求する姿勢がブレイクダンスには大切になります。

1.何故ブレイクダンスにはオリジナルが必要なのか

例えばヒップホップダンスを思い浮かべてください。
そうすると、全く一緒の動きをしている人は居ないはずです。

ダンスは自然とオリジナリティが出て個性が光るものですが、ブレイクダンス初心者にはオリジナリティが自然には出て来ないのです。
何故かというと、立ち踊りから締めのフリーズまで明確に「技」と定義された決まった動きがある為です。
技と技を繋げるだけで一連の流れをクリアする事が出来てしまう為、意識をしていないと似たり寄ったりな動きとなってしまいます。

その為、ブレイクダンスにはオリジナリティの意識が必要なのです。

1.オリジナルの考え方

まずは基本な動きをマスターしたら、鏡や動画で自分の動きを確認しましょう。
そうすると、こうした方がかっこいいのではないか。と思い浮かぶと思います。

頭で考えた動きを次は実戦に移してみましょう。
そうすると、イメージ通りに上手くいかない事も多いです。
そんな時は再度、自分の動きを確認しながら動きを変えていきます。




この繰り返しで自分ならではの動きが確立していくのです。

オリジナリティを出す為に一番大事な事は、自分の動きを客観的に見る事。
鏡を見ながら、動画で撮影し後で確認をする事で、客観的に動きを確認する事が出来ます。

主観では完璧だった動きが、客観的に見ると全くかっこよく無かったという場合も多々あります。
ダンスは人に見てもらうのが本来の目的となる為、客観的に動きを確認する事を意識付けましょう。

2.オリジナルが全く思い浮かばない場合

どれだけ考えてもオリジナルの動きが思い浮かばない場合には、動画等で他のダンサーのオリジナルを真似してみましょう。
それを更に自分なりに変化させていくのです。

ブレイクダンスに限らず、ヒップホップダンスやハウスダンスから動きを参考にするのも良いですね。

2.大事なのはオリジナリティを探求し続ける事

オリジナリティを出したい。自分ならではの動きを見せたいと思い続ける事が大事です。
常に頭の中でオリジナルな動きをイメージして、実践を繰り返していきます。

オリジナリティを追及していけば、ブレイクダンスをより楽しむ事が出来ます。
自分という色を存分に出しながら踊っていると、他のダンサーからも一目置かれる存在になりますので、初心者の方はそれを目指してオリジナリティの探求に励みましょう。




おすすめの記事