サバゲーがもっと楽しくなるかっこいい迷彩服の着こなし方

サバゲーで迷彩服を着てみたけど、着されてる感が満載なことや女性に至っては想像していたのと違うと思ったことがあるかと思います。

今回は、「サバゲーがもっと楽しくなるかっこいい迷彩服の着こなし方」を紹介していきます。

1.迷彩服の役割

迷彩服とは元々、森や砂漠などで相手から視認されにくくされるために作られた服装です。

サバゲーでも森のフィールドでは、その効果を発揮します。

しかし、いざ迷彩服を着てみたけど自分が想像していたのより違うとか、女性に関しては男性ベースで作られているため、サイズが合わないといったことも出てきます。

サバゲーでの服装の多くは迷彩服ですが、中には私服で参加している人のほうがカッコよく見えたりすることもあります。

でも、せっかくだから迷彩服を着て、サバゲーをしたいという方には次に挙げる二つのことを押さえましょう。

1.フィールドの特徴にあった迷彩服を着る

迷彩服にも何種類か種類があり、国籍やその地形にあわせた迷彩服があります。

森のフィールドの場合は当然、緑系の迷彩がベストですが、近い配色として青色系の迷彩や地面が石灰色になっているところでは灰色系の迷彩を着ている方などがいます。

個人的には緑色でいくのが常套手段だと思いますが、隠れる場所に緑が目立つこともあるので、実際にフィールドに行って確かめるのがベストです。




また全身迷彩という着方もあるので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

2.一部だけを迷彩にして強調する

もうひとつの着こなしとしては、私服の服装に一部だけ迷彩をつけて強調する着方です。

私自身は、この着方をしていて、森フィールドでは上は緑系の長袖シャツ、下は緑系の迷彩を着ています。

理由としては初心者の頃に教えてもらった木を隠すなら木になりきることというのを教えてもらってからずっとこのスタイルでやっています。

ちなみに市街地フィールドでは上の緑を排除して褐色系のシャツに変えます。

屋内の場合は、特に迷彩をすることはありませんが、ファッションとして手袋を迷彩柄にしています。

このように遊び心次第で着方は無限に存在します。

2.迷彩を選ぶときは自分でテーマを作る

迷彩を選ぶ上で参考にすることは、まず、フィールドに合っているか、どういう風に着こなすかを考えましょう。

迷彩服選びで失敗することは、何となく買ってしまうことです。

私自身は準正規軍というテーマで民兵と軍兵の中間を意識して、迷彩を使用しています。

テーマが決まっていると、それを参考に装備を揃えられますので、サバゲー初心者の方は試してみてはいかがでしょうか。




おすすめの記事